ロンドン四日目 顔を合わせることの重要性

世界をまたにかけて仕事をしていると、めったに会わない人と、電話やメールのみでやりとりしなければならないことが結構あります。というか、大半です。

電話で話が出来たらまだいいんだけれど、お互い忙しく、なかなか電話でも話が出来ないと、メールだけ・・なんてことにもなりかねません。というか、大半です。ましてや時差の大きい国にいる人が相手だと尚更です。

信頼関係が十分に醸成されていない、つきあいの浅い人が相手の場合、メールだけでやりとりしていると、いらぬ想像をめぐらせ、相手の腹の内を読み、どうにも嫌なやりとりが続くことがあります。こういうとき、大概は誤解に基づいています。

この前、シンガポールにいる人と結構もめました。メールで夜中まで何度もやりとりして、まるで喧嘩みたいで・・・。すごく嫌な感じだったので、解消しようと電話したものの、向こうが忙しくて話せたのはほんの数分。結局、誤解は十分に解けないまま今に至っていました。

この人、オーストラリア人の男性で、多分40才前後くらいで、結構偉くなっている人ですが、私とは対極にいるようなタイプの人なんですよね。

私は相当フレキシブルなタイプで、結果がすべてで、必要があれば計画を変えるのは全くやぶさかではないし、手続き論とか、ルールとか、ヒエラルキーとか、そういうものが嫌いで、アメリカンなフラットな組織で、スピーディーに結果重視の仕事をさくさくするのが好きなのです。

しかし、彼はまるで役人のようにがちがちのタイプなのです。弁が立ち、理屈っぽく、筋を通したがります。私がトラブルはすぐに上司に報告するタイプなのに対し、彼は自分のレベルで出来ることをすべてやり、それでも報告しなければならない場合は上司に報告し、意思決定を仰ぐ・・・というタイプです。その割には自分の考えを強く持っていて、誰が何と言おうが通すというところもあり、グロパールに決めたルールを自分の都合で勝手に変えちゃったりするのは、どうにも私には理解不能なのですが、彼に言わせると本社がおかしいとのこと。

ま、そんな相手と並んだ立場で仕事をしていると、もめることがあるんですね。

そんな彼が、今回、別の用事でロンドンに来ていたので、今日、ほんの1時間ほどですが、ミーティングをしました。

やっぱり顔を合わせて話すといいですねぇ。

1時間くらいじゃこの溝は埋まらないし、これだけ違うタイプだと、信頼関係が固まるのには何年もかかりそうですが、それでも少なくとも険悪ではないチームワークは作れますからね。

もめごとのそもそもの部分は1時間では解決しませんでした。これは私がシンガポールに転勤していないせいでもあります。近くにいたら、そんなもん、何回かミーティングすればもっと簡単に解決するでしょうにね。

まあしかし、極力顔を合わせながら仕事をしていくって、やっぱりとっても重要だよなと感じた一日だったのでした。人間だからねぇ。メールだけじゃコミュニケーションは取れませんよね。


ところで、今日は帰ってジムで1時間走りました。1時間走ると「運動したなぁ」と思いますね。

しかし、汗をかいてシャワーを浴びてすっぴんになってしまったので、あつこさんご推薦のピザやさんには行けませんでした。時間がうまくいけば明日のお昼にでも行ってみようかなとちょっと思ってます。

明日はなんと7時から電話会議があります。私が司会進行の・・・。

そのあとチェックアウトして、会社に行って、夜の飛行機で日本に帰ります。

とりあえず二週目終了ってとこですね。あと一週間!

顔を合わすのは大事だけど、この出張ライフはやっぱ大変ですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

おふじ
2009年11月12日 06:26
メールとか電話だけだと不安な事ってありますね。
あくあさんのことを知っているからこうしてコメント出来るわけであって
一度も会ったことない人とのやり取りって結構気を遣うし
相手がこんな感じの人って勝手に想像している部分があるしね。
仕事では特に気を遣うでしょうね。
e(^。^)g_ファイト!!
あつこ
2009年11月12日 07:49
個人レベルでも、メールで済ますことが多くなってるでしょ。友達と、電話することがすごく少なくなった。それで私も、実際に声を聞くって大切だなあと、最近は電話してます。やっぱり文字だけじゃ伝わらないものがあるよね。
Sokichi
2009年11月12日 14:32
スケールは全く違いますが、私のクライアントとのやりとりは電話もしくはメールが大半です。電話はともかくメールは文章力やITスキルなども絡むためその人の意思がうまく伝わらないことがおおく、言葉足らず、主語のないメールを送ってくる人、淡白な文面しか送ってこない人、こちらが連絡してもありがとうの返事もない人などいろいろいて腹が立つこともしばしばです。
そんな人でも実際に会うと全く普通に礼儀正しい人手それまでのイライラが瞬時に解消し、その後のやり取りも非常にスムーズになります。
いつも面と向かうコミュニケーションの大切さを実感してます。
こんの
2009年11月13日 05:53
『目は口ほどにものを言い』ですなぁ
管理人
2009年11月13日 22:56
みなさん同じように思ってらっしゃるんですね。Sokichiさんのケースは、日本語か英語かの違いはあっても、私の書いてた意味合いと全く同じです。相手のことを良く知っていたら、淡白な文章でも変に心配しなくてもいいんですけど、知らない人だと変に取られることがあるから気をつけないといけませんよね。

この記事へのトラックバック