JALとANA

ロンドンから帰ってきました。

今回はJALを避けてANAを使いました。木曜だったからか、ビジネスクラスはがらがらでした。これだけ空いてると赤字でしょうねぇ。

しかし、やっぱり私はJALがいいです。

何より客室乗務員のサービス水準が違いますね。

例えば、JALの場合、夜中に目を覚ましてトイレに行くと、戻ってきたころに「お飲み物でもお持ちしましょうか」と聞いてきてくれます。ときには席に戻ってきたら毛布を畳んでくれていることもあります。乗り込んだときには必ず新聞や雑誌を持ってきてくれるし、話し方はとても丁寧だし、非常に気持ちいいことが多いんですよ。もちろん個人差はありますが。

ANAの場合、今回はロンドンに行くときは最後に残ったのであろう「danchu」を、「読みます?」といって持ってきただけ。帰りは何も持ってきませんでした。自分で取りに行くのがルールなのかも。JAL慣れしている私は待っていたのに。

夜中にトイレに行ってももちろん何も起きません。欲しいものは自分から言わなきゃいけません。しかも、行きの飛行機ではジュースを頼んだのに、その従業員はそれを持ってこないままいろいろと次の仕事をしているので、もう一度頼む羽目に陥りました。前回出張時は免税品を買ったとき、家に帰ると言ったものと違うものが入ってたし。あ、そうだ、今日は、軽食を食べ終わってお茶を飲んだあと、タオルで手を拭いているのを横で立って待たれてしまいました。で、中途半端なところで全部下げようとするんですよ。結構ひどいでしょ。

そして今日、降りる前くらいに、

「今日、外国人の乗務員がいたと思うんですけど、ちゃんと日本語で聞いてました?日本語で聞いてたかどうか聞いておこうと思って。ちゃんと聞いてました?」

と聞いてきました。

えらいカジュアルな話し方でしょ。

JALはくつろいでいる客にそんなこと聞いてこないでしょうし、聞いてくるにしてもおそらく、

「おくつろぎのところ大変申し訳ございませんが、ひとつお尋ねさせていただいてもよろしいでしょうか」

とかいって、超丁寧に聞いてきたことでしょう。

JALとANAってそのくらいの差があるのですよ・・・。

食事もね、今度、写真でも撮って比較して載せられるといいんですけどね。なかなか飛行機の中で食べ物にカメラを向ける勇気がないなぁ・・。

口頭で書くと、JALは最初にお茶かシャンパン、それにおかきの袋とナッツの袋が一つずつ。さらにおいしいサラダと、なんていうんだろ、きゅうりとかをつけて食べるみたいな、ワインのおつまみみたいなものが、上品に出てきます。ANAはお茶かシャンパンは同じですが、それに小学校の三角の牛乳パックの小型みたいな形の袋に入った少量のナッツと、ちいさなおつまみのお皿が出てくるだけ。しかも、そのおつまみ、サーモンとか、パルメザンチーズの塊を薄くそいだものだったりするんだけど、フォークもなし。手で食べるんですよ。びっくりした・・・。

メインの食事はときと場合によるから何とも言えないかなぁ。JALもそうすべてがいいわけでもないので。

ワインの種類はJALの方が多いですね。赤ワインではANAは今日はボルドーと西オーストラリアのシラーズの2種類でしたが、JALはいつもボルドーとブルゴーニュ、新世界、自然派などを含む4-5種類の赤ワインから選べます。

ワイングラスはANAの方がいいですね。JALはちっちゃいグラスなのに対し、ANAは本格的なワイングラスで出てきます。

映画やドラマはANAの方が多いですね。今日は「パーフェクト・ワールド」を観ました。クリント・イースト・ウッドのやつ。面白かったです。

それと、これは私はあんまり気にはしてませんが、成田空港で使う搭乗口がJALの方が場所がいいですね。ANAはえらい遠くて、かなり歩かなきゃいけません。

それからロンドンにJALは専用のさくらラウンジを持っていて、日本のサービスを受けられますが、ANAはスターアライアンスグループのラウンジだけなので、外国のカジュアルなサービスのみです。

まあしかし、これだけの差を出すためにあれだけの赤字を出すことになっちゃってるのかなぁ?

しばらくは安全性のために、経営不安のJALは避けて、ANAを使ってスターアライアンスのフリークエントフライヤーの資格を取ろうと思いますが、その後、JALが落ち着いてきて、それでもJALのサービスの方がよければJALに戻る気がします。



4大マイレージ徹底比較!—JAL、ANA、NW、UA
イーストプレス

ユーザレビュー:
イラストが不要イラス ...
ブックレットでも十分 ...
どのマイレージでため ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

激動!JALvsANA
中央書院
杉浦 一機

ユーザレビュー:
JALとANAの違い ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

あつこ
2009年11月14日 08:45
私は最近JALの国際線ににのったことはないけど、ANAは乗りました。そのとき実はサービスよくない、というか、ヨーロッパの飛行機会社のような、可もなし不可もなしというサービスでした。でもそのことをいうとせっかくのあくあさんの決心が揺らぐような気がして、黙っていたのですが。
昔(20年近く前)乗ったときは、こっちが戸惑うような丁寧な対応だったように覚えてるんですが。
こんの
2009年11月14日 09:44
飛行機は移動手段ですよね 安全に早く目的が達すればいい
ですが... 人間は、欲張りですから、うふふ いろいろとね
比較すると... でもなにをいちばん優先させるかがチョイスのポイントじゃないですか
管理人
2009年11月15日 00:31
あつこ> そうそう、それそれ。可もなく不可もないヨーロッパの飛行機会社のような対応になってたんですよ。あつこに言われて心が揺らがなくても、体験したら揺らぎますね・・・。払う料金は同じですしね。

こんのさん> さすがにこれだけしょっちゅう乗っていて、かつその前後及び乗っている最中にも仕事をしているような状態だと、「移動手段」とは割り切れないですねぇ。長時間ですから、快適に過ごし、疲れを溜めず、欲を言えば疲れを癒してもらい、機上で効率的に仕事も片付け、着いたときにまるで自宅のベッドから出てきたように元気はつらつで・・・というところまでは及びませんけどね。個人的に私の場合は、安全性は当然の前提として、気持ちのいいサービスが最優先ですねぇ。 やっぱ、JALに戻そうかな?

この記事へのトラックバック