ただいま~

やっと三週間連続出張が終わりましたぁ~。あー、疲れた。

朝の6時50分くらいに飛行機から出て、ましたしてもばたばたして7時15分のバスに乗りました。と言っても、今回は少し遠くの駅に着くパスだったので、そこからタクシーで15分くらいかけて帰ってきたのですが、それでも8時過ぎには自宅に到着。成田が近いって私にとってはとてもラッキーなことです。

画像


シンガポールの空港で、この上の方のバッグを買いました。シンガポールのチャンギ空港は私の知っている中で最もショップの充実した空港ですね。いやもう巨大で、お店だらけで、自分がどこにいるのかわからなくなります。

出張グッズも随分と揃ってきて、荷物の用意や、行き先のホテルを出るときのパッキングなども楽になってきたのですが、残された問題は、空港で荷物を預けた後、ショルダーバックを肩にかけて空港内を歩き回るのがしんどいということでした。パソコンなどをショルダーバックに入れているので、かなりの重さになり、肩が痛くなってくるんですよね。まわりを見渡しても、機内持ち込み手荷物自体をキャリアつきのバッグに入れ、ころころと引きずって歩いている人が多い気がします。

そこでTUMIのインターネットショップで目星をつけていき、免税店で買うことにしたのです。

しかしこのバッグ、現物を目にするとかなりでかい!大きなサイズのバッグの上に載せてもこれだけ大きいんです。けれど、キャリアのついているバッグはこんなものなんだそうです。これより小さいものだと肩にかけるか手に持つタイプになるので、それじゃ意味がありません。パソコンを入れるスペースには緩衝材が入っていてパソコンに衝撃を与えなくて済むし、ま、これでいいかということで早速買い求めました。TUMIのサイトはこちら

日本のTUMIのショップでは99750円。シンガポールの免税店では980シンガポールドルでしたから、65000円くらい。免税店はかなりお得です。しかも円高だから、最近はさらにお得感ありますね。

おかげで空港内もすーいすい。楽ちんでした。

が、しかし・・・・成田空港について、大きな荷物を取り出し、その上にこのバッグをセットし、斜めにひきずって歩こうとすると、二つのバッグの重さがぐんと手にのしかかり、これはお、重い・・・。

まあなあ、二つのバッグを持って歩くのって、限られた距離だからまあいいんだけれど、にしても重いな・・・。

かよわい女性は大変なのでありました。

家に帰ると上さまがお風呂とご飯を用意してくれていました。やさし~!しびれますね。

その後、即ベッドへ・・・。朝の10時ごろから夕方4時ごろまで寝てしまいましたよ。シンガポールに行っただけなのに、これじゃ時差ぼけするだろーが。

夜は焼き肉へ。精をつけないと、と上さまが言うんでね。たらふく焼き肉を食べたのち、自宅に届いていたボジョレーヌーボーを開けました。

画像


いつも買っている京橋ワインで5本くらい注文しておいたのですが、今日のは「ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2009 セレクション・ヴィエイユ・ヴィーニュ・ド・サン・タン」というワイン。樹齢100年のブドウ樹から造る幻のプリムールなんだそうです。このおじさん、ジェラール・カナール氏は、「ボージョレの大使」として活躍し、世界中にボージョレ・プリムールを普及させた最大の功労者なんだって。3280円也。かなりおいしかったですよ。これはいけます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

あつこ
2009年11月22日 06:52
私は日本から帰ってきたとき、機内預けだけで64キロもありました。これに持ち込みようのリュックが3つ。しかも空港まで電車でいったんですから。妹が助けてくれなかったらぜんぜん無理でした。一人で日本に行っても、いつも小型のスーツケースでは帰りが間に合わず、荷物のことはいつも頭が痛いです。
管理人
2009年11月22日 23:39
その荷物はすごいね。そんなの持って旅行するって、母は強しの証明みたいなもんで、子供でも連れてないとやってられないね。けど、一人で日本に行っても帰りが間に合わない?やっぱり向こうで買えないものを一気に買おうとするから?今度遊びに行くときは注文書を送ってくれたら大量に買っていきますよ。

この記事へのトラックバック