ロンドン二日目

今日は一日ワークショップでした。

それって何なのかというと、10人くらいの人が集まって、来年以降のプロジェクトの計画について一日話し合っていたのです。日本語で言うとなんていうんだっけ?会議?集中会議??

内容はともかく感じたことがいくつか・・・。

個人的には若干感慨深いものが・・・。

10年ほど前、初めて外資系の会社に転職した時は、英語の会議についていくのは至難の技でした。それが何時間も続いた時には集中力が途絶え、何の話だったのかわけがわからなくなり、成果をあげられなくて悔しい思いをしたものでした。それが、今日はときどきは集中力が飛ぶこともあったものの、それはまあ日本語の会議でもあることなので、まる一日の会議にも自然についていけるようになって、私も成長したなぁ・・・と感動したのでした。今日は私以外はイギリス人がほとんどで、一人だけアメリカ人だったため、発音・アクセントの問題もなく、より楽チンでした。アジアで会議する時の方が大変だなぁ。

とはいうものの、言葉の問題とは別に、会議で好きなことをがんがん発言するという意味において、日本人のおくゆかしさは引き続き邪魔をしています。くだらない質問じゃないかと少しでも思うと言い出しにくいし、大したことないんじゃないかと思うと自分の意見も出しづらい。この傾向は大きな会議だったり、偉い人が出ていたり、知らない人との会議だったりすると余計にひどくなります。

この私でも、知らない人たちばかりとの会議だと、最後までほとんど一言もしゃべれないで終わるということがあります。今日は知っている人たちばかりとの会議だったので、それなりに発言もしましたが、他の人に比べると発言量は圧倒的に少ない・・・。

この会議がもし日本語で行われていたらどうだろう・・・。

そう考えてみると、おそらくもっとたくさんしゃべるだろうし、あることないこと、いろんな修飾語をつけて理屈を並べ立てるでしょうね。そういう意味では、やはり英語にするのが面倒だから、どうしても言わなきゃいけないこと以外はだまって聞いているという言語的側面の方がカルチャー的側面より強いんでしょうね。

しかし、国際会議に出て十分に発言ができないってことは、仕事としてはパフォーマンスが低いわけですよ。アジアからは私しか出席していないので、もっとアジアを代表して言いたいことを言わなきゃいけない。でも出来ない。それは結局のところ能力不足なのです。

日本の中で英語が得意な日本人として働いている分には優位性がありますが、世界に出て英語が苦手な国際人として働いていると明らかに不利ですね。

あーあ。

ま、ハードルはひとつずつ越えていくしかないわけですね。この10年でここまで来たわけだし。ひとつハードルを越えると、次のハードルが待っているんです。

人生ってそんなもんだし、そんなもんだからこそ、チャレンジがあって面白いわけですよね。

まだまだ、がんばりますよん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

こんの
2009年11月10日 07:10
あくあさん 書かれていること、よく分かりますです
あくあさんのひたむきな姿も伝わってきます
あくあさん がんばってくださいね。応援してます
あつこ
2009年11月10日 09:06
言葉はね、慣れしかありません。これだけです。私だって何十時間もパーティーだとかパブだとかで、一言も物を言わず人の話だけを聞いていたか。それがだんだん、文法が多少間違っていようと、言葉がちょっと見つからなくても、強引に発言できるようになっていくんです。今でも間違ったことを言ったりして、子供に直されたりするけど、言葉のことでしり込みすることはなくなりました。人前で平気で発言できるようになるまでは、やっぱりイギリスに住んで5年くらいはかかったかなあ。実際に英語が上達すると言うよりも、自信と度胸、これがついてくる。
今のほうが半年前よりさらに英語を使う環境にいるんだから、後半年もすればもっと自信が出ますよ。自信の問題ですから、こういうものは。
おふじ
2009年11月10日 19:05
日本語で自分の言いたいことをろくすっぽ言えない私はどうすればいいのでしょうか???
たぶん読書をしなくなったことが大きな原因だと思いますし
小学校の頃から発表が苦手で
人前で自分の意見を堂々と言える人が羨ましかったものでした。
神戸で働いている時も朝礼でひとことを言うのも辛かったです。
緊張してしまうんですね。真剣に聞いてくれている人なんて
あまりいないのにね。
あくさん!頑張ってね♪
管理人
2009年11月11日 05:47
こんのさん> ありがとうございます。

あつこ> だよね。慣れだと思います。ただイギリス人ってやたらと理屈っぽいこと言うでしょ。特に中身はないのに。あの真似はなかなか出来ないなぁ。どっちかというと、もっとストレートなアメリカ人的な会話の方が得意です。

おふじさん> それも慣れですよ。私だって日本語でも結婚式のスピーチとか緊張しますよ。何度やっても緊張はするけれど、場馴れはしますよ。でも、生まれつき人前でスピーチするのが得意っていうような人もいますからねぇ。私もああいう人には及びもつきません。

この記事へのトラックバック