北海道のカニ

大晦日に那須から戻ると、北海道から送っておいたカニが届きました。

母には活のタラバを送ったので、まだ動いている巨大なカニが届いたそうです。父母のところに行ったいもうと夫婦や父母と二世帯住宅で一緒に暮らしている弟夫婦やその子供たちも一緒にカニ鍋にしたんだそうです。写真撮ってるかな?

うちは活のカニなんて料理をする自信もないし、二人では食べきれないので、タラバの足片側分だけが凍ったものを買いました。それでも2キロです。巨大なタラバです。

画像


それをお鍋にしました。

がしかし、このカニ、ものすごくぎっしり身が詰まっていて、とても二人で食べきれる量ではなく、結局半分は残ってしまいました。これはお正月もカニですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こんの
2010年01月01日 15:03
北海道に行った時(冬)、もちろんビアホールでビールの飲み放題とカニの食い放題を楽しみました
カニの食べ殻を入れる「入れ物」がバケツなのに笑ってしまいました
豪快?に食べたことが鮮やかに思い出されますね
管理人
2010年01月01日 17:32
アメリカでソフトシェルクラブという殻もやわらかいカニを食べた時、バケツに山盛り出てきたことを思い出しました。私はたくさんは食べられないので食べ放題では損をしてしまいますが、上様が一緒だと元は取ったと安心できます。
あつこ
2010年01月02日 07:00
すごい大きい!これだけ大きいと食べ甲斐があるね。カニって見かけは大きくても身が少ないことが多いからね。

ところでお母さん大変でしたね。ショックだったことでしょう。でもあくあさんがお風呂から上がったタイミングだったから、やっぱりそこはちゃんと守られてるんでしょう。
こちらで習ったファーストエイド(応急処置)によると、そういう時はまずABC。A は状況のアセスメント。Bはちゃんと呼吸(breathing)してるか、Cは心臓(circulation)がちゃんと動いてるかをチェックしなければいけません。こういうことがもう二度とないと良いのですが、万が一のためにABC, 覚えておきましょう。
管理人
2010年01月02日 13:48
カニ、大きすぎてね。身も殻と同じ大きさだけびっちり詰まっていたので、食べきるのに二日かかりました。

母の件、ほんとそうですよね。応急処置って覚えておくといいですよね。習いに行こうかな。

この記事へのトラックバック