ハイチの地震

ハイチ、大変なことになってるようですね。

物資の奪い合いとか・・・。

あんなことって、阪神大震災のときはなかったですよね?

つぶれたお店から商品を盗む人なんかはいたんでしたっけ?

配給品まで取り合いするなんて・・・。

それだけひっ迫しているからなのか、国民性なのか・・・。

ちょっと怖いなぁ・・・。

まあでもとにかく、募金はしましょう。困っている人がたくさんいるのは間違いないので。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2010年01月21日 00:14
イギリス政府はとりあえず230万ポンド支援とのことです。でもそんなので足りるのかなあ。だってロンドンの北の郊外の高級住宅地に行ったら、こんなのそのあたりの家5-6件の値段ですよ。一体何件の家が壊れたことか?
Sokichi
2010年01月21日 09:26
ハイチほどではないですが阪神淡路の時も略奪はあったという話です。
食べ物以外では、公衆電話が破壊されて現金が持ち出されたり、テレフォンカードの読取装置を外して持っていく人がいたという話ですよ。
募金をするときにいつも心配になることですが、果たして募金が正しく使われるのかということ。
あの略奪シーンを見てしまうと、被災者に行き届くまでにどこかで搾取、略奪が行われるんじゃないかと心配になります。
管理人
2010年01月21日 19:42
あつこ>そりゃ足りないでしょうねぇ。世界中からいくらくらい集まるんでしょう?こればっかりはお互いさまなので、よその国が大変な時も助けあわないとねぇ。日本は新政権が慣れなくて対応が遅れてるみたいです。

Sokichiさん>そうでしたか。まあ一部にはそういう人たちもいるんでしょうねぇ。募金は確かにどこかで略奪されることもあるかもしれませんけど、全体のうちの大半だか一部だかは届いてるんでしょうし、届かないかもしれないからと募金しないと被災者が救われないと思うので、私は出来るだけ信用できる団体に寄付するようにしてます。私は毎月自動的にクレジットカードから引き落とされる仕組みを使ってユニセフに寄付してるんですが、こういうときは追加で特定の災害に寄付してます。自分が困らない程度の金額だから大した行為でもないんだけれど、少しでも、一部略奪されても、積み重なればきっと少しは助けになりますよ。

この記事へのトラックバック