ダビング

1月末に行われた全豪オープンの決勝戦。フェデラーとマレーの試合。

これをブルーレイに焼いて、ハイビジョンのまま残し、かつDVDしかない家でも見られるようにDVDに焼く。

上さまから下った指令は、思った以上に大変でした。

まずは、この前買ったテレビ・レグザの外付けHDDに録画したWOWOWのコピーワンスの画像を東芝ヴァルディアにムーブ。

この段階でリアルタイムで5時間かかります。

あまりにも長いので、ヴァルディア上でCMや表彰式を切り取り、3時間に縮小。

これをi LINKにより、ディーガに移します。これもリアルタイムで3時間かかります。

コピーワンスなので、移すたびに前の機材上の番組は消えてなくなります。

ようやくディーガでブルーレイに焼きます。

ディーガ上のHDDからブルーレイへのダビングは高速で処理できるため、約1時間で終了。

コピーワンスなので、もちろんHDDからは消えます。

しかし、これで消えることはないブルーレイディクス上にフェデ様の試合が残りました。

次はDVDへのダビング・・・・。

秋葉原のお店でBRADE-Wという画質安定装置を購入。12800円です。軽くてとてもちゃちいんだけど、これで画質が安定するらしい。

ディーガとヴァルディアの間に三色ケーブルとS端子ケーブルでBRADE-Wを接続します。

ディーガのブルーレイを再生。それとともにヴァルディアの録画スイッチをオン。

画質はとても落ちますが、一応ヴァルディアに映像が移りました。これもリアルタイムで3時間・・・。疲れるよ、ほんと。

そしてこの画質の落ちたヴァルディアの映像をDVDに落とそうとしたところ、DVD-Video対応ではないとのこと・・・・。

なぬ?

やむを得ず、ヴァルディアのHDD内部で録画画質を変更し、DVD対応に変更しています。3時間の画質を更に落として2時間用のDVDに落とせるところまで落とします。

これもリアルタイム・・・。

これが終わったらようやくDVDに焼けます。

なんでここまでさせるよ?

別にこれを売って儲けたりしないよ。それよりか、売ってるんなら買うよ。その方が早いもん。

やめてくれ、コピーワンス。めんどくさすぎる。

それと、やめてくれよ、メディアのタイプ。世界統一してくれよ。

これでも私はマニュアル読んで、本も読んで、ネットも調べてがんばってるから何とかなってるけど、一般の人々はそこまでしないから、絶対無理よ、これ。DVDくらい共通化しろっつうの。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2010年03月22日 03:46
根性あるね。こういうメディアテクノロジーって過渡期なんだろうなあ。あと5年くらいでいろんなものがシンプルかすること、ほんと祈ってます。
おふじ
2010年03月22日 07:32
映像だけでなく
音楽も統一して欲しい私。
iTuneとかSonicとか全然互換性なしだし
いちいちCD-Rに焼いて移すしかすべを知らないから
面倒くさいのであります。
携帯で音楽を聴くのもいろいろ手間がかかりそうだから
やる気無しです。
管理人
2010年03月22日 22:43
あつこ>5年じゃ無理でしょうね。30年くらいかかるかもよ?

おふじさん>そうなんですか。私はランニングするときくらいしか音楽を聞かないのであんまり気にしたことありませんでした。まあでも、同じなんでしょうねぇ。問題は著作権ですねぇ。
Sokichi
2010年03月23日 15:49
すごーい!その大変な作業をやっちゃうあくささんも、それを依頼する将軍も(^^
私なら「できるけど大変だからやらない」で断っちゃうなきっと。
ところで最新の機器もコピーワンスなんですか?もうダビング10なのかと思ってました。
管理人
2010年03月23日 21:20
そんな、Sokichiさんに言われるなんて!Sokichiさんの方がよっぽどめんどくさいこと自分でやっちゃうじゃないですか。今もコピーワンスは健在ですよ。番組によってコピーワンスのものとダビング10のものがあります。ちなみに、この後、スムーズにDVDには焼けず、来週末に持ち越しています・・・。とほほ。

この記事へのトラックバック