4/29の時間割

帰国しましたが、先に昨日の時間割を書いときます。

6:30 起床、シャワー、身支度、荷造り。
   
   荷造りして出かけてチェックインして・・・荷物をまとめてチェックアウトして帰国してまた荷物をほどいて・・・。ほんと、何度も何度もやってると嫌になりますよ。

8:30 ホテルにスーツケースを預けてチェックアウト、タクシーで会社のビルその1へ。

9:00 会社に着いた時、入館カードを忘れてきたことに気づき、免許証を預けてビルに入るテンポラリーカードを借りる。しかしオフィスに入れないのでとっても不便。

ミーティング

9:50 ミーティング相手とともにビル2へ歩いて移動。徒歩10分くらい先に別のビルがあるのです。

10:00 ビル2の入口にあるスタバでカフェラテを買う。これが失敗の元でした・・・。

   ミーティング。カフェラテを飲む。

11:00 急激に気持ち悪くなり、残りのカフェラテを捨てる。

   午後とっても大事なミーティングが2つあるのに、こんなに気持ち悪いんじゃしゃれにならない。

   入館カードも忘れてきたし、おかゆを食べた方が良さそうなので、ホテルに戻ることにする。タクシーでホテルへ。

11:30 ホテルに到着。もう吐きそう・・・。

   預けておいたスーツケースを取り出してもらい、入館カードと、吐き気止めの薬を取り出す。

   スーツケースは再び預け、どうしたものかと、ロビーのソファに座ってしばし考える。

   薬を飲もうにも水もないので、おかゆを食べてみることにし、中華料理レストランに入る。

   お粥は週末だけだと言われたが、胃の調子が悪くて、と言うと、あなたのためにおかゆを作ってあげますとのこと。助かる。お茶も胃に優しい漢方のお茶を選んで出してくれた。

12:00 出てきたお粥はルームサービスのお粥の1/3くらいの小さなもの。でもこれで十分。

   お薬を飲むためのお水を頼んだら、ぬるま湯を持ってきてくれた。ほんとに親切。

12:45 お粥とお茶と薬でずいぶんマシになり、再びタクシーでオフィスのビル1へ。免許証を返してもらい、本来の入館カードで入館。このカードは世界中のほとんどのオフィスで使えます。

13:30 大事なミーティングその1。コーヒーを飲んだら気持ち悪くなったと言ったら、もっと気をつけろよ~と言われる。そりゃそうだ。しかし、カフェラテが胃にこんなに悪いなんて思いもよらなかったんだもん。

14:00 次のミーティング。

16:00 もうひとつの大事なミーティング。シンガポールとロンドンを結んだテレビ会議。国際電話はしゃべってて時差を感じなくなったけど、テレビ電話は少し時差があるので話しにくい。この段階では胃はほぼ元通り。薬が効いたかな。

17:00 ビル2へ移動。あー、めんどくさい。

17:30 次のミーティング。

18:00 その次のミーティング

18:40 ビル1へまた移動。あー、めんどくさい。

19:00 取引先コンサルティング会社のシンガポール在住のオーストラリア人のパートナーと、私のプロジェクトで働いてくれているインド人とパキスタン人のコンサルタントと、今度私のプロジェクトに入ることになった、今インドで働いているオーストラリア人とで、バーでスナックをつまみつつワインで歓談。超インターナショナルな感じでしょ。

20:45 私だけ先に失礼し、タクシーでホテルへ。今日は少し(ワイン2杯)しか飲んでいないので、前回のようなことはなく、全く問題なくしっかり行動出来ていて、すべて記憶しています。

21:00 ホテルでスーツケースを取り出し、車いす用の広いトイレで着替え。そしてタクシーで空港へ。

21:40 空港でチェックイン。免税品コーナーで上さまに電話をし、おみやけば何がいいかと聞くと、小銭入れがいいというので、小銭入れを物色。いくつか候補をみつけてからまた電話し、どっちがいいかとか確認をして、買う。ついでにTシャツも買った。

22:00 スターアライアンスのラウンジへ。JALは多くの空港に専用ラウンジがあるけれど、ANAはスターアライアンスのラウンジを共用している。こういうところでコストの差が出てるんですよね。日本人としては専用ラウンジで日本食とウォシュレット付きのトイレがあった方がうれしいですけどね。

   読書をしつつ軽食を食べる。お腹は無事。

23:00 飛行機に乗り込む。何も食べずに飲まずにそのまま寝てしまう。

つづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック