電子書籍リーダー ガラパゴスのその後とiPad2とキンドルと

ガラパゴスを買ってしばらく経ちました。

その後、ガラパゴスステーションというソフトが壊れ、ガラパゴスとPCとの同期が取れなくなったままなので、自炊したPDFファイルをガラパゴスに入れることが出来なくなり、ガラパゴスのストアには読みたい本がほとんどないので、最近はまた紙の本に舞い戻っています。

シャープに問い合わせを出しているのですが、3日経って返ってきた回答は「現在、その原因について調査中ですので分かり次第ご連絡します」というもの。

話になりません。

iTunesでiPhoneとPCを同期するのに慣れているので、同期も取れない、バックアップも出来ない、ファイルも移せないって、全く考えられません。得意じゃない分野の商品を開発して準備が不十分な時期に売り出すとこんな悲惨なことになるんですね。商品がこなれてから買うという戦略を取った方は正しいですね。

あと、電池!外でWIFIにつないで本や雑誌を買ったりしているとあっという間に電池が減っていきます。会社で充電しようと思ったら、充電する差し込み口がちょっと奥まったところについているがために、一般の充電器がはまらないんですよ!ほんと、使えない・・・。

一方、ガラパゴスのいい点ですが、端末のサイズ、重さはちょうどいい感じです。片手に持って満員電車で読書をするのにもいい感じです。

ガラパゴスストアで買った本はとても快適に読めます。

素晴らしいのは雑誌がカラーできれいに見えるだけでなく、モードを切り替えると、雑誌内の文字の部分が普通の電子書籍のように画面いっぱいに広がり、ちょうどいいサイズに改行されて読めることです。iPadのようにふたつの指で拡大縮小しながら読むんじゃないんですよ。完全に電子データを並べ替えしてくれてるんです。これがシャープが開発した電子書籍フォーマットなんですね。これはすごいと思います。

ただ、電子書籍リーダと電子書籍のソフトは互換性を持ったマーケットにして欲しいですね。

みんな電子書籍を売ることで儲けたいから、その端末からはそのストアにしかいけなくて、そのストアで買った本は他のリーダーでは読めないっていうようにして囲い込もうとするんだろうけど、いい迷惑ですよね・・・。

さあ、これからどうなっていくのか。

どんどん電子書籍コンテンツが増えて、どんな本も電子版で買えるという時代になってくれるのが理想ですが、そこに至るまでの間、使い勝手のいい自炊用PDFリーダーに登場して欲しいものです。著作権の関係とかで出せないのかもしれないけど。

ガラパゴスステーションが壊れる前にガラパゴスに数冊の自炊したPDFファイルを移したんですが、まず、ハードカバーサイズの本だと、縮小されて表示されるため、解像度が低くて文字がかすれ、非常に読みにくくなります。わざとかと思うくらい汚いです。自炊した書類をきれいに見せるインセンティブがないってことなんですかね。

かつ、これは明らかにわざとでしょうが、PDFファイルの紙送りは、電子書籍として買った本の紙送りと逆の方向なんです。買った電子書籍は左から右へ紙を送りますが、PDFは右から左です。その心はなんやねん?とシャープに聞きたいですよ。iPhoneは下から上ですが、その方がまだ意味がわかる・・・。

なので、私は今度は次に出るiPad2に期待を寄せています。

iPadは重過ぎて、私のニーズ(電車で読書)に合わないので買ってないのですが、来春にも発売と噂されているiPad2は今の大きさで今より軽くなり、カメラやテレビ電話の機能が付いたり、SDカードスロットがついたりすると言われてますよね。アップルのスティーブ・ジョブズは、今売られている7インチ程度のタブレットは「発売された時点で死んでいる」と言っているとか。

自炊した書籍を快適に読むにはやはり書籍と同じサイズの画面が必要なんですね。10インチで400gくらいのiPad2に期待してます!早く出ないかなぁ。

あ、それと日本版キンドルにも期待してます。2011年中には出るとか。

電子書籍そのものを買うのなら、アマゾンがいいでしょうね。まずはアマゾンが日本の出版社を押さえる必要がありますが、いったんコンテンツを押さえたら、その見せ方、勧め方はアマゾンの右に出るものはいませんからね。iTunesにしろ、ガラパゴスのストアにしろ、その使い勝手は褒められたものじゃありませんが、アマゾンのストアはそんなものとは全く比較にならないほど使いやすいですからねぇ。

あと1年経ったらこの環境、もっと便利になってるかな。なってるでしょうね。技術進歩とメーカーの激しい競争に期待です!

------------------------------------------------------
体重     47.55kg (BMI 20.0) ↑
体脂肪率  19.6%  (体脂肪量9.32kg) ↓
筋肉量   36.05kg ↑
骨量     2.2kg ↑
内臓脂肪  3.0kg →
基礎代謝  1080kcal ↑
水分量   59.3%   ↑

昨日は取引先との飲み会で、風邪をひいてるのにがんがん飲んで食べたら、夜、悲惨なことになり、ものすごい咳が続き、酔っ払って体はどくどく言い続け、久々に死にそうでした。水を飲みまくったりあめをなめたりしてしのぎりましたが、朝起きたら、顔がめちゃくちゃむくんでました。体重はそのせいでしょう。

午前11時   ソイプロティン21グラム+豆乳250cc、野菜ジュース

午後0時    牛タン、ソーセージ、ご飯少し

午後10時半~ 焼鳥屋さんで、ささみ、砂肝、なんこつ、しいたけ、鶏団子の味噌鍋、ウーロン茶

今日は美容院に行ってきたので帰りが遅くなり、上さまと一緒に、近所のイタリアンに行ってみたらもう閉まっていて、お寿司屋さんに行ってみたら、そこも閉まっていたので、やむを得ず焼鳥屋さんに行きました。上さまはおいしくないとご機嫌斜めでしたが、家に帰ったら、友人から黒龍が届いていて、途端に機嫌が直って今ごっきげんでお酒飲んでます。

午前0時    赤ワイン1杯、チーズ・・・・夜中に食べるなぁ!

--------------------------------------------------------
<アブラハムのデイリークウォート>

It is natural that by knowing what you do not want, you are able to clarify what you do want; and there is nothing wrong with identifying a problem before beginning to look for a solution. But many people, over time, become problem oriented rather than solution oriented, and in their examination and explanation of the problem, they continue the perpetuation of the problem. That which is like unto itself, is drawn-so tell the story you want to live and you will eventually live it.

あなたが欲しくないことを知ることであなたが欲しいものを明らかにするのは自然なことです。解決方法を探し始めるより前に問題を特定するのは間違ってはいません。しかし、多くの人は長い間、解決に集中するというより問題に集中するようになっているのです。そして問題を調べたり説明したりすることで、彼らは問題を永続させてしまっているのです。似たようなものが引き寄せられる - だから、あなたが生きたい人生を語りなさい。そうすればあなたはいずれその人生を生きることが出来るようになるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

しのりん
2010年12月30日 02:28
シャープさん、頑張ってほしいですね。
電子書籍については、私の仲間うちでは現段階では”食わず嫌い”揃い。「私は日経新聞はネットのみ」と言ったところ「日経は紙じゃなきゃ」、「紙で線が引きたい。頭に入らない。」等々。一度は食べてみて自分に合うかどうか決めれば良いのですが齧ってもみない”若年寄”。国の役人、広報担当役員、広告代理店の人々、本当は時代の先端をいっているはずなんですけどねぇ。
私は、あくあさんが書かれている次世代ipadとamazonの組み合わせに期待しているんです。利便性はもちろん、部屋の本の締める割合の削減が期待効果です。
iphoneには「ドラッカー 時代を超える言葉」を入れてみています。読みなれた横書きの設定にして、電車の中でパッパカ読むのに便利。字の大きさも設定できますから近い文字があやうい中高年には良いはずですよね。
管理人
2010年12月30日 02:45
しのりんさん>私もCDが出始めた頃、やはりレコードの方が味があるからレコードは廃れないと思って、ステレオのスタンダードセットにもはや入っていないレコードプレーヤーをオプションで付けたりしていたこともありました。でも、今となっては・・・ね。本については今はまだ紙がいいと言っている人が多いですが、10年もしたらどうかなぁ・・・。電子書籍リーダーはマーカーで線が引けますし、書き込みが出来るものもあります。すごいのはマーカーを引いた箇所から目的のページに飛んだり、全文検索したり出来ること。可能性はまだまだ無限に広がっていると思います。要は文字情報を伝えるわけですからね。紙の方がいい理屈ってあまり思いつきません。新聞の場合は一覧性ってのがあるかなぁ・・。一般の書籍の場合は、紙の優位性ってなんだろう?多分、慣れと思いこみだけじゃないかな。ましてや電子書籍の方がエコですからね。木を切り倒さなくていいしね(笑)