シパダンダイビングツアー ビデオ編

4泊6日って言うのかな、クルーズ船3泊、ホテル1泊、飛行機1泊でシパダンに潜りに行ってきました。

もう7年も前になるのですが、アドバンスの資格を取るときにお世話になったダイビングインストラクターのみやちゃん企画のツアーです(ダイビングは民間の団体が資格を認める証明カードを発行していて、まずはオープンウォーター、その次がアドバンスになり、その後、レスキューとか、ダイブマスターとか、まだいろいろランクがあります)。みやちゃんは那覇でダイビングショップをやっているのですが、冬場は暇なので毎年2月に海外遠征ツアーをやっていて、今年、念願かなって同行させてもらうことが出来ました。

まずはシパダンの位置について。

ここにボルネオ島があります。マレーシアとインドネシアに分かれています。

画像


ボルネオ島の北側にサバ州という州があり、ここにコタキナバルという街があります。ここからは羽田から国際線が飛んでいます。東側にタワウという街があり、ここにも空港があります。そこから車でぶっ飛ばして1時間くらい行ったところにセントポーナという港町があり、ここから近くの島行きの船が出ています。今回はマブール島の近くに船を止め、昼間はシパダン島まで船を進めて潜ると言う三日間を過ごしてきました。

画像


こちらが撮影したビデオです。自分と一緒に潜った人たち用に35分にまとめた後、YouTube用にカットしまくって何とか6分半に収めました。シパダン見どころ多すぎですよ。



今回、みやちゃんのツアーはみやちゃん自身と私を含めたお客さんが3人。向こうで個人旅行で来ていた人達2人が合流し、現地では6人の女性のグループで行動していました。みやちゃんのお客さんは、大阪出身なのにダイビングにはまって石垣に引っ越しちゃったと言う、チビの私よりさらに小さくてかわいいつわもの、私と同年代で超おもしろい見た目はニューハーフなんだけどばりばりの「大阪のおばちゃん」、現地で合流したうちの一人は、もうお孫さんまでいらっしゃるそうなんだけど、自営業をされていて、時間が自由になるので、毎月海外にダイビングに行っているという超うらやましい境遇の真っ黒に日焼けしたおばさま、もう一人は医療関係のお仕事をされているという普通の独身女性なんだけれど、もう600本くらい潜っていて、ニューカレドニアにガラパゴスにと、世界中の海を潜りまくっているすごい方でした。

最後に、記録のために旅程を書いておくと、

2月12日 朝8時半に成田で集合。10時半頃のマレーシア航空でクアラルンプールへ。クアラルンプールまでは6-7時間くらいです。

       クアラルンプールで関空から来た「大阪のおばちゃん」と合流し、国内線に乗り換えて2時間半ほどで夜の10時半頃コタキナバルに到着。そしてコタキナバルで一泊。

2月13日 早朝5時頃から朝ごはんを食べて出発。コタキナバルから飛行機で1時間ほどでタワウに到着。そこから車でセンポルナという港町まで約1時間。そしてスピードボートで船まで移動。船は食料等を補給中らしく、随分と待たされた後、スペイン人の団体さんが乗り込んできて、その後、更に2-3時間くらいかけてマブール島まで移動してから、マブール島の近くで夕方からようやく1本目。そして6時半くらいからナイトダイビングをしました。ビュッフェの夜ごはんに赤ワインを飲んで、二段ベッドの二人部屋でバク睡しました。

2月14日 朝6時起床。船は寝ている間にシパダンに着いていました。軽くパンなど食べて、6時45分からブリーフィング開始。7時過ぎからまずはシパダン島に渡って名前を書きます。潜る人の数の制限をしてるんですね。

       それから1本目。いやー、シパダンはすごい。見どころだらけで忙しいのなんのって。

       朝食後、2本目。そしてしばらく休んで3本目。

       そこで昼食。しばらく休んで4本目。

       その後、マブール島に戻ってナイトダイビングでしたが、私は行きませんでした。

       そして夕食後、みんなで私の撮影したビデオの鑑賞会。

2月15日 朝6時起床。船はまたしても寝ている間にシパダンに着いています。また島に渡って名前を書き、それから1本目。朝食後、2本目、しばらく休んで3本目。翌日飛行機に乗らなきゃいけないので、私たちのダイビングはこれでおしまいでした。潜り足りない・・・。更にステイする人たちは続けて午後も潜っていました。

2月16日 朝5時起床。6時下船。7時頃センポルナに着き、11時までホテルのデイユースで休憩。途中、センポルナのマーケットに立ち寄りました。11時にホテルで昼食。そこから車で1時間走ってタワウ空港へ。

       午後3時前の飛行機でタワウからコタキナバルへ45分のフライト。コタキナバルからクアラルンプールへの飛行機がキャンセルされ、一便遅くなっていたので、コタキナバルでマッサージを受けたりして時間をつぶしました。背中にガラス瓶をはりつけて空気を抜いて背中のコリを取るという施術をしてもらったら、背中が真っ赤っかになってしまいましたよ。取れるまで数日かかりそうです。

       午後7時頃の便でクアラルンプールへ。2時間半くらいです。クアラルンプールの免税店で買い物など。大阪のおばちゃんと柄違いのコーチのバッグを買ってしまいました。

       午後11時50分発の便でようやく成田へ向かいました。

2月17日 午前7時ごろ成田着。丸一日以上かかりますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2011年02月19日 20:52
短く編集してくれてありがとう。大変だったでしょう。
魚って結構ゆっくり泳ぐんだねえ。
寒いイギリスで見ていると、海の中よりも温かそうな陸上がうらやましいよ。
Chris
2011年02月19日 23:13
いやーすごい風景ですね。我々の時代では、生きているうちに宇宙に行くことはほぼ可能性ゼロと考えると、ダイビングはそれに相当する経験ですよね。しかも暗黒の宇宙に比べて、海の中はこんなにたくさんの生命に満ちている。私ももっと船酔いに強かったらなあと思います。それにしてもこんなに短期間にここまでの映像の編集は大変だったでしょう。ご苦労様でした。また何度か見させてもらいます。
管理人
2011年02月19日 23:32
あつこ>うん、ビデオの編集は根性がいります。どのシーンにも思い入れがあるので、切り取るのが大変なんですよ。さすがに6分半にしようと思うと何でもかんでも切りまくりですけどね。海の中も29度くらいあって暖かいんですよ。

Chrisさん>私は宇宙に行く夢も捨ててませんけどね(笑)ほんと海の中はすごいですよね。信じられない世界が無限に広がっている感じです。船酔いするんですね。でも今回のツアーには船酔いのひどい人も来てましたよ。酔い止めを飲んでがんばってました。私は酔い止めを二箱も買っていきましたが、全く不要でした。