「臨死体験」立花隆

臨死体験〈上〉 (文春文庫)
文藝春秋
立花 隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 臨死体験〈上〉 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


臨死体験〈下〉 (文春文庫)
文藝春秋
立花 隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 臨死体験〈下〉 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


いやー、長かった。上下巻。読み終わりました。

一番感動したのは、立花隆さんの執念ですね。この本の中にも書かれていましたが、知的好奇心が止まらない方のようです。ものすごい取材と研究と勉強・・・。この本だけじゃないですが、いろんなテーマでこのような本を出されています。私もまとまった本を書いてみたいと思ってましたが、私自身も知的好奇心が止まらないタイプなので、出来ることなら、立花さんのように何かにはまりまくって研究して、それを本にするというようなことをしてみたいなぁ・・・。しかし、仕事をしながら片手間でやるのは無理・・・とは言いませんが、なかなか辛そうです。

で、臨死体験についてですが、立花さんは臨死体験をした方に取材をし、「証言・臨死体験」という証言集も別に出されています。

しかしこちらでは、体験談だけではなく、外国の臨死体験者の体験の内容、臨死体験を研究している人の研究の内容、幽体離脱について、薬剤による現象との違い、脳の機能から見た場合・・・いろんな角度から臨死体験を考えてみています。

臨死体験者自体は、死にそうになって生き返った人の半分くらいが経験するほど頻繁に起きているもので、魂が肉体から離れる、肉体から離れた魂が自分や周りの人を見降ろしている、暗いトンネルを抜けると光がある、過去を回想する、死んだ人と会う、とても気持ちがいい、戻ってきた後、人生を大事に生きようと思う、死ぬのが怖くなくなる、などといった一定のパターンがあるんだそうです。

しかし、その人が育った文化によって、日本人は三途の川を見るとか、アメリカ人はキリストを見るなどといった違いがあると。

そして子供の場合は、死んだ人ではなく生きている人に会ったりすると。

幽体離脱は、自己催眠や、身体に入る刺激をほとんど取り除くタンクに入ると意図的に出来ちゃったりする人がいるそうですが、本当に離脱したかどうか証拠を取ろうとするとなかなか確実な証拠が取れないと。立花さんはこのタンクに自ら入って離脱を試みたりまでしています。

でも、離脱していなければ絶対知りえない情報を言う臨死体験者もたまにいると。

この手のことは真実かもしれないし、そうじゃないかもしれない程度にしか証明できないようになっていると言う法則まで唱えている人がいるそうで・・・。

こんな感じで、あらゆる角度から調べまくり、結局、死後の世界があるのか、臨死体験は単なる脳の働きの一つなのか、はっきりとは分からないという結論に至っています。立花さん自身は、結局、死後の世界はない、臨死体験は死ぬ直前の、死を楽に乗り越えるための脳の働きだと思っていらっしゃるそうですが、もし死後の世界がなければないで、気持ちよくそれを乗り越え、死んだ後は、苦しんだり怖い思いをすることもないわけだし、もし死後の世界があればあったで、そんなに素晴らしいところなのなら行ってみたいものだから、とりあえず生きてある間、死ぬのを怖がるのは無駄だからやめよう、と結んでいました。

「証言・臨死体験」を読んだ後は、エイブラハムの話や左脳が壊れた人の話などとつながったので、死んだら宇宙の英知の一部になるのか、と思ってましたが、これを読んだ後は、うーん、どっちとも言えないのか・・・というところに戻りました。

でも、人間が科学でこれまでに解明してきたことなんて、大きな海の手前の砂浜の砂粒程度のことにしか過ぎなくて、まだまだ人間には証明できないことはたくさんあり、私が生きている間にそれが大きく変わるわけではないので、私としては、死後の世界はあり、宇宙の英知はそこここに流れていて、私たちにはその英知を使う力が備わっていると信じて生きて行きます。

あとは死んでからのお楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Chris
2011年03月04日 08:26
読み続けておられたんですね。外国から「読み始めます。」というコメントがあった後、続報がなかったので、てっきり読むのを途中で止められたのかと。失礼しました。アクアさんの今回の文の中で「幽体離脱」のことにふれておられますが、これは米国でおこなわれた「感覚遮断実験(sensory deprivation experiment)」で、人工的に実証されているものです。人間はあらゆる感覚を限りなく遮断された状態に長時間おかれると、幻覚を見るようになるというのが実験によってわかったようです。人間って適度に刺激が入ってそれを常に処理しているのが常態で、そうでなくなるとかえっておかしくなってしまうようです。これを応用というか悪用すると、比較的簡単に他者をマインドコントロールできてしまいます。しかし立花さんの知的好奇心には私も本当に感心させられるばかりです。
管理人
2011年03月04日 13:26
Chrisさん>はい、読み続けてました。面白かったのですが、とにかく長かったです。しばらくかかりっきりになってしまいました(笑) 私、そのタンクに入ってみたいんですけど、もう日本にはないみたいですねぇ。