被災地ボランティア活動への外人と日本人の反応の違い

今日は半日採用イベントをやっていました。

来年の春に卒業する日本の大学生を対象に、会社の説明をし、その後、グループディスカッションなどをして二次選考をしました(一次選考は書類と試験による選考でした)。

最近、どっちが本業かわからないくらい支援活動が忙しいため、半日も本業に取られるとほんとに大変です。

ていうか、午前中も本業のミーティングがあったので、支援活動は昼休みや夜にやっていたのですが。当たり前か。

今週末の石巻ボランティアトリップには、今のところ、社外から15名のチーム、12名のチーム、4名のチーム、そしてうちの会社から、社員の家族も含め20名ほど集まりました。先週や先々週から二度目、三度目の人もかなり含まれていますが、初めての人もいます。一度行くと、次は社外の友人に声をかけて人を集めてくる人もいます。

危険を伴うため、会社としてオフィシャルな活動と位置付けるわけにはいかないため、あくまでも個人ペースで参加するという形式を取っています。そのせいってわけではないのですが、会社全体にメールで呼びかけているのではなく、参加している人がいる部署にメールを出して呼びかけています。

私もコーディネーターとしてメールに名前が出ていますので、いろんな人が問い合わせをしてきたりします。

また、知り合いに直接声をかけて誘ったりもしています。

そういうことを毎日やっていると、国籍によるのか、人々の反応の違いを感じるようになります。

行きたいから詳細を教えて欲しいと前向きなことを言ってくる人には、アメリカ大陸の人(アメリカ人、カナダ人など)と東南アジアやインドなどの発展途上国系の人が多いんです。

参加している人の中にはイギリス人もいますが、上司がアメリカ人で、その人が行くから一緒に・・・というのが多い気がします。でも、そういうイギリス人も、一度行くと燃えちゃって、翌週も来てくれたりします。

そして日本人は…上司が行っていても関係なく行こうとしないんですよ。

ある若い男の子は、「行かない?」と聞くと、「え、私がですか?」とお茶を濁して終わり。

ある40前くらいの男性は一度は行くと言っていたんだけれど、理由を付けては結局行こうとしません。

別の40歳くらいの男性は、「一度見てみた方がいいとは思うんですよね・・・」と自分の経験としての反応。

ある30代の男性は、「うちは子供が小さいから無理なんです」と。

ある40代の男性は、「行きたいんですけど、妻が行かないでくれと言うので」と。このパターンは結構います。

これだけ続くと、かなりがっくりします。

何で日本人は行こうとしないの??

先週行ったときも、メンバーにいた日本人は、社外の、日本語が下手な外国育ちの日本人と、外人の奥様でたまたま日本人な人だけで、純粋な日本人は私と上さまだけでした。

先々週から三週連続で行っていて、この大勢のツアーを取りまとめているカナダ人は、35歳くらいで、子供が1歳と2歳なんですよ。そんな状況で毎週末行くのは大変なんじゃないの?と聞くと、「でももっともっと大変な人がたくさんいるんだから」と本気で被災者のことを考え、それに比べたら自分たちの犠牲なんて何ともないというんですよね。

石原都知事が言っていた、日本人は我欲が強くなって人のことを考えなくなっているというのは真実なんじゃないの?とすら思ってしまっていました。

でも、今日はいいことがありました。

エレベーターホールで会った日本人女性に行かないかと声をかけたら、一緒に行くことになり、なんと、私と一緒にコーディネーター役もやってくれることになりました。車がなくて運転も出来ないので遠慮していたそうですが、体力はあるから今週も来週も行くわよとのこと。ちなみに彼女は40代半ばで独身です。

そして、リクルーティングイベントのときに会った日本人男性も今週は無理だけど是非行きたいと言ってくれました。彼は「日本人として行かないわけにはいかない」と言ってくれました。そうこなくちゃ。彼も確かお子さんが生まれたばかりなんですけどね。

それから、18歳の娘さんが行きたいと言っているので一緒にと言ってきた母子家庭のママもいました。

うちの会社は外資とはいえ、社員の半分以上は日本人のはずなんですよ。なのに、日本の被災地に対するボランティアに行く人の90%以上が外人だなんて、あまりにも日本人として恥ずかしいじゃないですか。少しでも日本人が増えてきて良かったです。

でも、やはり圧倒的に外人の方が多いこの現実。個々人にはいろいろ理由はあるでしょうけど、全部合わせてこの確率・・・何かが変です。

どうしてなんでしょう???

ほんとに、日本人は我欲にまみれてしまっていて、他人のことは自分には関係なくなっちゃってるんでしょうか。

確かに特に東京なんかはね、隣の人は何する人ぞって感じはありますからね・・・。

マスコミによると、ボランティアブームが起きているとのことなので、私の周りの日本人だけの問題なのかもしれませんが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Sokichi
2011年04月14日 00:11
あくあさんの行動力には頭が下がります。外国人、日本人はさておき、あくあさんの周囲にはものすごいグローバルで海外にコネクションのある方もが多いでしょうから、労働力の提供はもったいない気がします。それよりも海外に向けて日本は安全で何も問題無いと風評被害を減らす発信に全力を尽くしていただくことはできないですかね?体力勝負は日本人にまかせてください。日本人は被災地を皆支援したいと思ってますよ!その気持ちが外国人より低いわけないじゃないですか!私も協力できる範囲で協力させていただきますから!
あつこ
2011年04月14日 06:09
その疑問すごく当然だと思います。でもたぶんこれに関しては日本人が冷たいというよりは、あくあさんの周りの外国人が特にホットなのではないですか。
この件に限らず、日本人って親切心がないわけではないけれど、それを行動する力が欠けてると思います。ボランティアに行きたいなあと思っても、でもXXXXがあるし、XXXXもXXXだしと考えて結局できないのでは。
昔長男が1歳で妊婦だったとき地下鉄に乗っても誰も席を譲ってくれないことがありました。イギリスでは老人や妊婦がいると必ず誰かが席を譲りますから、日本って冷たい国なんだなあと改めて思いました。けれどもそのあと駅について雨の中を赤ちゃんバギーを押して歩いていると、後ろから若い男性が走ってきて、『妊婦が雨に濡れてはいけませんから』と傘をくれて走り去っていきました。やっぱり日本人は親切だとか冷たいとか一概には言えないなあと思いました。
管理人
2011年04月14日 06:53
Sokichiさん>労働力の提供はもったいないっていうの、実はボランティアの時は私は一番考えちゃいけない考え方だなと最近思ってるんですよ。こういうときは誰だって自分の手を汚して他人を支える気持ちを持たないと、みんなが「誰か他の人がやるだろう」ってことになっちゃいます。それと日本は安全で問題ないだなんて言えません。何もなかった状態と比較すれば、それは個人にとっては大した違いはないかもしれないけどやはり危険度は増しているし、情報公開の程度と仕方に大きな問題があるから、風評被害なのかほんとに問題があるのかわからないじゃないですか。安全だと思うに足りるちゃんとした根拠もないのに、私たちのように専門家でもない団体が無責任に大丈夫だなんていうわけにはいかないです。被災地に向かっている外人たちはそのリスクレベルを自分なりに判断してリスクを取っているけれど、一方には日本から離れようとして、転勤を希望している人たちもいて、私はその人たちのことを責めるつもりも全然ありません。日本人ってそういう人を集団でいじめるようなところもあるんですよね。自分の命なんだから、リスクの判断も人生の選択も個人の問題だと思います。私が随分と欧米的な考え方に染まってるんでしょうね。
管理人
2011年04月14日 06:59
あつこ>もちろん日本人の中にもそういう人もいますよね。だから一概には言えないし、「日本人」としてくくるのはそういう人には失礼だと思います。でも、おっしゃる通り、おそらく行動力に欠けてるという部分は大きいでしょうね。それとツイッターでコメントいただいたんですけど、横並び意識もあるでしょうね。みんなが行くなら私も行くけど・・・的な。でも、お年寄りや妊婦に席を譲らないで寝たふりしてる人は多いですよね~。あれは行動力と横並び意識では片づけられないなぁ。やっぱ、思いやりより自分のことが先に来ていると思っちゃいますよ。
いもうと
2011年04月14日 09:43
個人差もあるんだろうけど、やはりキリスト教国の博愛主義と仏教国の因果応報、諦念の差じゃないの?欧米って小学生の頃からボランティア活動させるし教会の活動もあるしねえ。日本じゃ檀家が集まってボランティア、なーんて聞かないよね。欧米人は何百年の歴史でボランティア精神がDNAに刷り込まれてるんじゃないか?日本はボランティアが活発になったのってここ数十年、歴史が違うよね。でも今時の若い子は活発だから、次世代に期待できるんじゃあ!?
さる
2011年04月14日 11:13
欧米では子供の頃から「ボランティア精神」をたたきこまれるのでは? 日本はその辺の教育をしませんよね。からだに染み付いていないというか。やりたいけど、どうやっていいのかわからない人、結構いると思います。最近は、海外に観光ではなくボランティアで行く若者が増えていると聞きました。日本人も変化しているのかも!
今日もワイン飲んでる
2011年04月14日 11:24
日本人(特に東京の人)は生活パターンや何かを決定した事を変えるのが苦手なんじゃないでしょうか。ボランティアに行くには、それまでの生活パターンを変えなくてはならないが、すぐには対応できないというか…。
一度決まった決定事項の状況に合わせた変更とか、タイミングを考えた素早い発表などが苦手なのは、政治家や東京電力も同じですよね。
昔アメリカに住んでいた時によく友達にchange is good!!と私は良く言われました。アメリカ人からしたら、私の行動がかなり遅かったんでしょう。
アクアさんは決定力(こんな言葉あるかな?)や行動力が、アメリカ人並だと思います。
日本人は全体的にちょっと遅めというだけで、気持ちが冷たいのではないと信じたいですよね。
Chris
2011年04月14日 13:45
被災地にボランティアには行けていない私が言うのは何なんですが、やはり「何か手伝いたいなあ」と考えているだけと、実際に現地に行って活動をするのとでは、かなりの差があると言わざるをえないと思います。アクアさんの周りの外国人だけで判断することは早計だとは思いますが、やはりキリスト教の
影響が大きいのではないでしょうか。しかしボランティアで現地に行かれている外国人の方には本当に感心させられますね。マスメディアは、日本から帰国する外国人ばかり取り上げていますが、被災地で活動する外国人の方にこそスポットをあててほしいですね。
しのりん
2011年04月14日 15:58
コメントするのが申し訳ない私なのですが。。
ほんとに、やること大きい。
そして、必ず実現するパワー!
すごいです。

国籍問わずボランティアマインドを持つ人は持つし、人が血を流すのを見ても他人事にしか捉えられない人は一生そのままなのでは?
妻子のせいにしている人は、本人かいきたくないから。

他人のために動ける人になるかどうかは、国籍でなくて育ち方によるのでは?
電車内でお年寄りが、別に怪我しているわけでも具合悪い様子もなく、ただ座りたくて、泣きわめく子供に席を譲るのを見たことがあります。周りの男性、寝たふり。しかも母親が座って子供は膝の上。そのお年寄りは子供があまりにうるさくて周りに迷惑だから立ったのにそれがその子の親にはわからないらしい。
電車内で座った子供の靴を脱がせない親。
友人がCAをしていた時代に話していましたが、機内で子供が騒いでも怒らないのは日本人、
危ないから注意すると親が逆ギレ。
同様のケースで、欧米人の親達はビックリする位叱るのを見て驚いたと。視点が違うのかも、と話したことがあります。
他者に迷惑をかけないことを覚えるとこから弱者への支援の気持ちは育つのでは?
管理人
2011年04月14日 21:22
いもうと>確かにキリスト教の影響はあると思うんだけど、じゃあインド人と東南アジア人をどう説明する?

おさるさん>若い人たちは違うみたいですね。若者に期待します!

今日もワイン飲んでるさん>確かに変化への柔軟性のなさというのもあるかもしれませんね。私は仕事上ではChange Agentと呼ばれています。そんなにchangeが好きな人は珍しいと言われてます。だからかな(笑)

Chrisさん>実は来週、テレビ局がついてくることになりました。被災地で頑張る外人のことも報道して欲しいですね。それと、考えてるのと行動に移すのとの違い、これはまあ、ボランティアに限らず、いつも私が書いていた目標実現のためにアクションを取っていくことと同じなんでしょうね。やらない人は言ってるだけでいつまでもやらないんだなぁ。

しのりんさん>育ち方もあるでしょうね。でも、どういう育て方をよしとするかという国の教育に対する考え方みたいなのもマクロでは影響するでしょうね。まあほんとにひどい親はよく見かけますね。

疑問人
2011年04月17日 10:29
自分の意思で、外国に住んで働くということ。
それだけで「行動力ある人たち」ではありませんか。
あるいは「既にして、身軽なひとたち」ではありませんか。
そのような人たちに呼びかければ、一般の日本人に呼びかけるよりもたくさんの賛同を得られると思います。
他国で同じことが起きたとき、そこにいる日本人は「行動的」であるのではないでしょうか?
管理人
2011年04月18日 00:28
疑問人さん>確かに自分の意思で外国に住んで働いているという時点で行動力がある人たちだというのは当たってる気がします。ただ、身軽というのをどういう意味でおっしゃってるのか分かりませんが、独身で身軽とかそういう意味で言えば、そんなことは全然ありません。普通に結婚して子供がいるような人が大半です。フットワークが軽いという身軽さでいえば身軽な人たちでしょうけどね。でも、他国で同じことが起きたとき、そこにいる日本人がそういう風に行動的であるとはとても思えませんけど・・・。私の知ってる限りの話なので、もちろん人によると思いますが。
みかん
2011年04月18日 14:19
私の夫がボランティアに行きたいと希望しています。
ボランティアされている外国人の皆さんは、どのような方法で現地へ行かれたのでしょうか?
外国人の被災地ボランティアの募集をネット探してみたところピースポートしか見当たりませんでした。
夫は日系アメリカ人で簡単な日本語は話せます。
管理人
2011年04月18日 16:46
みかんさん>私達は自分達の自家用車で行き、近くには宿泊施設がないので、ちょっと離れた温泉旅館に泊まって活動しています。現地のボランティアセンターや避難所の担当者の方々と直接ニーズを確認し、徐々に活動範囲と規模を拡大しつつあり、間もなく正式なNPOを立ち上げようとしています。ご興味があるようでしたら、このブログの最初のページにあるメッセージのところから直接メールをください。
初めまして! norikoと言います。
2011年09月22日 20:43
私が下記体験を書いたところ、以前被災地ツアーに参加した仲間から貴方のURLを教えていただきました。
http://ameblo.jp/noriko-talk/entry-11025984366.html

本当に、同感です。
そして、同じ人が行き続けている現実。
シングルで金銭的に困っても居ない、時間もある、そんな私と変わらない状況の友人も動きません。
行かないのなら、後方支援を・・とサイトで物資を提供できる簡単な情報を与えても、駄目。
その支援で被災地からお礼のハガキが来たんだよ、と喜んで見せても駄目。
「私も見てみるね」で終わりです。
この同じ反応はもう何人も居ます。
「かわいそう」と言いつつも行動に移さない人ほど、偽善者だと感じるようになりました。
自分達の視界に入らなければ。。他人事になるのでしょう。
同じ被災した県でも内陸側の被害を受けなかった人達でさへ
「何でそんな事やっているんだ」という反応をする方もいるとか・・
気づいた人から・・とは思いますが、情けないと本気で感じました。