ときめくお片づけ

最近、電車の中にこの本の宣伝広告が出てるでしょ?


人生がときめく片づけの魔法
サンマーク出版
近藤 麻理恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人生がときめく片づけの魔法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



iPhoneで買えるので早速買ったんですよ。

そしたら、これは良かった。最初はそんなに期待してなかったのですが、はっきり言って断捨離より良かったです。

この著者、こんなにかわいい女の子なんですけど、書いてあることは結構深いんですよね。うーん、なかなか心に染み行った?というか、感心しましたね。

てなことで、この著者の推奨する人生がときめくお片づけをしようと、久しぶりの予定のない日曜日、お片づけに割こうと覚悟を決めていたのです。

この著者のハウツウに従うと、場所別ではなく、モノ別に片づけをします。短期に一気にやるのがいいとのことですが、家じゅうを半年くらいで片づける覚悟をすればいいとのことで、一日で家じゅうというわけではありません。

そして、やる順番が決まっていて、最初は洋服なんです。

家じゅうの自分の洋服をすべてハンガーや引き出しから取り出して一か所に集めます。そして一枚一枚ときめくかどうかで残すか捨てるかを判断して行くんです。

私は去年ダイエットに成功したときにかなりの量の洋服を捨てたので、もう捨てるものはあまりないかなと思っていたのですが、でも45リットルのゴミ袋で10袋のゴミが出ました。

彼女の言う通り、洋服は「ときめく」かどうかが分かりやすいですね。触ると分かるんですよ。買ったけど、高かったけど、一度も着ていない服とか、気に入っていたんだけど汚れていてもう着てないんだけど捨てるに捨てられなかった服とか、中途半端なものを手に取ると、残したいか捨てた方がいいのかが直観的に分かると言うか・・・。

「まだ着られる」という尺度で測ると残るものでも「ときめく」かどうかで測ると捨てることになっちゃうんですよね。

で、電子ブックでは洋服の畳み方がビデオで紹介されているため、それに従った方法で畳みます。

すると心が入るんですよ。残した洋服を大事にする気持ちが出てくるんです。

なるほどそういうことか・・・と納得しました。

好きなもの、ときめくものだけを、大事にして、そういうものたちに囲まれて生きて行くのがすがすがしいということなんですね。

こうしてクローゼットはかなりすっきりしました。

次は本。その次は小物と続きます。

買ったけど読んでいないままの本は二度と読む可能性はないから捨てる、という観点でときめかない本は捨てて行く・・・本好きというより、本を溜めておくのが結構好きな私には辛い壁ですけど、これも乗り越えなければなりません。

そうやって人生から不要なものを取り除いていくと、すっきりと澄み渡ってくるっていうのは分かる気がします。

人間関係なんかも同じですよね。

見栄とか、義理とか、仕方ないからとか・・・不要な理由で自分にネガティブな影響しか与えない人と付き合う理由はないというのも同じことのような気がします。

高いお金を出して買ったけど自分には似合わないから一度も着てないんだけど捨てるに捨てられない服も、一緒にいると嫌な思いばかりする、とても嫌いなタイプの人なんだけど、そういうのも乗り越えて万人に親切に優しくならなきゃいけないという倫理観から仕方なく付き合っている人も、同じことのような・・・・。

24のファイナルシーズンがアマゾンから届き、24を観ながら一日中洋服を捨てていましたが、おかげでクローゼットはとってもすっきりしました。

あの、微妙だった洋服やスカーフやらなんやらをばさばさ捨て去り、ほんとにすっきりしましたよ!

しかしまる一日かかったので、この後、本、小物、書類・・と続くと、何日もお休みを捧げなきゃいけなさそうですが、この際、すっかりクリーンアップして、きれいな身体で出直したいので、がんばります。

ちなみにこの著者は、お片づけのコンサルタントをしているので、何カ月も待つようですけど、お金を払えばお片づけの指南をしてくれるそうです。最後には頼るかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

あつこ
2011年08月29日 03:37
そのほんの広告日本でみたかもしれない。読みたいなあと思いました。でも洋服から行くとはね。洋服は一番難しいよ。本は昔から基本的に読んだら捨てるでやっていました。特にフィクションはめったに読み返すことはないからね。絶対読み返すであろう物と、これは絶版になるなあというのだけ、とってあります。

私もそろそろまた物を捨てたくなって来てます。何というか実際的なことだけでなく、不要物を捨てて精神的にもすっきりしたいんですよね。
管理人
2011年08月29日 12:30
あつこ>頭で考えると捨てる洋服を選ぶのは難しいかもしれないけど、触ってみて感じて決めるって言う方法、やってみるとなるほどという感じでした。洋服だと感じやすいから洋服から始めるんだそうです。それととにかく一箇所にすべて山積みにして総量を把握しながら捨てるものを選ぶと言う方法です。本棚の本も本棚の中にあるままじゃだめで、家中の本を一回全部取り出して一箇所に集めてから捨てるものを選ぶんです。大変だけど、今までとは違うやり方なので効くかもと思わせます。この人のお客さんは片付けのリバウンドなしだって。