「自分の人生、これでいいのか」と思ったとき ミッドライフ・クライシスを乗り越える」 川北義則


「自分の人生、これでいいのか」と思ったとき
祥伝社
川北 義則

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「自分の人生、これでいいのか」と思ったとき の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いつも購読している誰かのブログで紹介されていたので、読んでみたら、なかなかいい本でした。

著者は1935年生まれでこの本は平成23年に出版されていますから、76歳のときに出版された本です。

基本的に40代から50代くらいの、いわゆる平均的な日本人のサラリーマン男性に向けて書かれているので、私には合わない記述も多いんですが、私の生活や考え方は主婦よりは男性サラリーマンに似ているので、うんうん、とうなずくこともたくさんありました。

年を重ねた人が自分より若い人たちにこういうアドバイスをしてくれるのはほんとにありがたいですね。多くの人が通る道、ちょっとした一言が心の支えになり、それによって生きる意味を見出し、前向きに生きて行くきっかけになることもあります。

逆に言うと、ちょっとした一言が人の悩みを助長したり、なかなか癒えない心の傷を与えることもあるわけで、人に対するアドバイスって、ほんとに気をつけなきゃいけないんだなと思いますが。

私は過去2回、年上の人から言われたネガティブな言葉が心に残り、そんなもん、気にしている自分がいけない、忘れなければ!と思っているにもかかわらず、トラウマのように心にこびりついていることがあります。こういうことに潜在意識を制御されると、いろんなことがネガティブに回転し始めるので、なんとしても消去しなきゃいけないんですけど、なかなか出来ません。

だから、ほんと、そんなことは忘れて、ポジティブなアドバイスを心に刻まないと!そして自分もポジティブなことを若者に伝承しないと!

人間、すべては心の持ちようですよ。その他の条件が何も変わっていなくても、ちょっとした考え方次第で、毎日悩み多い日々にもなるし、明るく楽しい日々にもなります。

では、この本からいくつか気に入ったフレーズを・・・

「年齢や体力の衰えなども、あえて口に出すことはない。そんな弱音は口にしないこと。~言葉の力は不思議なもので、口にしたそのときから知らず知らずのうちに自分を支配し始める。」

「人生に必要なのは愛と勇気とサムマネー」(by チャップリン)

「2010年に書籍ランキングで上位に入った「くじけないで」という詩集がある。著者の柴田トヨさんは、2011年の6月で100歳である。詩作をはじめたのは92歳のとき。きっかけは腰を痛めて趣味の踊りが出来なくなったことだったという。はじめは書いた詩を息子さんにほめられるのがうれしかったそうだが、やがて新聞に投稿するようになり、自費出版した本が出版社の目にとまり、多くの人に読まれるようになった。90歳を過ぎて新しい趣味に取り組んだ柴田さんに比べれば、40代、50代はまだまだこれからである。本当に好きなことに全力投球し、表も裏も豊かな人生にすることができるはずだ」

「充分な心構えもないまま、老いへの入り口であるミッドライフを迎えてしまったときは、自分の年齢を七掛けにしてみるといい。」

「人生に解決なんてない。ただ、進んでいくエネルギーがあるばかりだ。そういうエネルギーを作り出さなくてはならない。解決はその後で来る」

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただ一つの道だと思っています」(by イチロー)

「暗い人とつきあっちゃだめよ。うつるから」(by 宇野千代)

「最後までやり遂げることにこだわる必要はない。やり残したことをやってみようとすること、それこそが大事なのだ」

「一身にして二生を経る」(by 福沢諭吉) ~昔の人に比べれば、寿命が延びた分、ミッドライフ世代に与えられた人生の時間はまだまだ長い。それは自分のために生きる時間だと考えればいい。しかも「二生」の人生を始めるときには、充分に経験を積んでレベルアップした状態でスタート出来るのだ。

・・・・

こういうことを言ってくれるご老人とつきあいたいものです。そして、こういうことを言ってあげられる老人になるぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

あつこ
2012年05月15日 03:25
あくあさんは老後計画ばっちりなのでミッドライフクライシスなんて無縁だろうと思っていたけど、心情的なものもあるので、計画性に関係ないのかもね。私はぜんぜん計画無いけど、かえってそのほうが前向きな冒険的な気持ちにならざるを得ないというのもあるかも。
そうそう、こうだったら嫌だなあと思うことは、口に出してはいけないよ。
管理人
2012年05月15日 23:37
あつこ>老後計画ばっちりじゃないよ~。ま、私がA型で、「ばっちり」の水準がずいぶんと高いからだろうけどね。無計画で冒険している友人の事を思っては、こういう人もいるから大丈夫だ、と自分を励ましてるんですよ(笑)