閉じ込められているフレンダ

フレンダは最初大型犬用の鉄のケージの中に入れられ、その中にトイレも設置してあったので、そこで暮らしていました。

その後、大きくなったので、ケージの外にトイレを置き、その周りを木のサークルで囲み、広くなった部屋で過ごしていました。

その後、いい子になってきたので、サークルの外に出してもらい、上さまの部屋に専用のソファを置いてもらい、広々快適に過ごしていました。

しかし、フレンダはソファをかみ砕きました。

そして壁もかみ砕きました。

怒られて、ソファでは寝させてもらえなくなり、サークルの中に閉じ込められるようになりました。

すると、サークルの木の柵を噛みまくりました。

噛んだ木に貼った白いビニールテープも噛んで食べてしまいました。

余計なものを食べるたびに、おえっと吐いて、苦しむ羽目に陥ります。

最初にフレンダが吐いたときは、病院に連れて行こうかとすら思いましたが、今は慣れちゃったので、放置されています。

そして、サークルの前に大きな白い段ボール紙を置かれ、木を噛むことが出来なくなってしまいました。

あげくに、トイレの上に敷いてあるプラスチックのネットを噛んで穴を空け、中からトイレシートを引っ張りだすのにはまり始めました。

大きな穴を開けたので、新しいトイレに替えたら、また新しいトイレにも穴を開けてしまいました。

そんなこんなで、最近、フレンダは周りに人がいないときは、昔のようにケージの中に閉じ込められています。

ケージの中に置いているクッションを噛んで中身を食べてしまうので、クッションは捨て、しばらく何もなしにしておいたのですが、つるつるのプラスチックの上じゃ、寝にくいようです。

そこで仕方なく、中身の入っていない、私たちのベッドマットや布団敷きマットを入れると、ちょうどよかったようなのですが、でもやはり、これも噛んでしまいます。

あー、もう・・・。早く大人になってよ。

今日、マットを噛んでいたフレンダに話しかけました。

「あんた、また噛んだの。ふーん、いいよ、好きなだけ噛んで、また吐けばいいじゃないの。もう知らないからね。勝手にしなさい」

うるうる光った瞳で私を見つめるフレンダに、きつい一言を言い残して、私は二階に上がって行きました。

フレンダは、意味は分かっていないんでしょうね。次に見に行った時には、ベッドマットに穴が空いていました。

口輪してケージにほりこむぞ、お前~!

といいながら、ワインで酔っ払っていい気分になると、フレンダのケージに入っていって、大型犬用のケージの中でフレンダと抱き合ってしまっているのは私です・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2013年05月06日 08:46
動物ってすぐに大きくなると感じるけど、フレンダはいつまでも子犬やねえ。そういえばうちの猫も昔はそれなりに悪さをしたわ。キッチンの台に昇ったり、ちょっと目を離した隙にテーブルの魚やバターをを食べたり、噛み付いたり引っかいたり。でもその度に叱ったら、もう今は全然テーブルにも昇らないし、かんだり引っかいたりしないし、畳み掛けの洗濯物も避けて通るし。1-2年はかかるんかなあ。それでもいくらしかっても、狩をした獲物だけは家の中に持ってきてしまうから、これは本能で一生変わらんと思ってる。
人間の子供も同じやけど、接し方にむらがあるのが一番混乱するからよくないよ。大型犬は躾の大事さは猫どころじゃないから、がんばってね。
管理人
2013年05月06日 22:49
あつこ>ドーベルマンの女の子は1歳過ぎると急におとなになるらしいので、あと数カ月かなぁと思うんだけど、今はまだ子供盛りって感じですね。うちはそんな食べ物が目の前にあったらすぐに食べるだろうし、洗濯ものなんか遊び道具として最適でしょうね。接し方は人間からしたら同じつもりでも、向こうからしたらむらがあると思われてるかも・・。それでも次第に賢くなってきているのは分かるので、まあ大丈夫でしょう。少なくとも人懐っこいし、噛んだりはしないからね。番犬とは程遠いけどね。
ルナ
2013年05月08日 18:06
過去記事に書き込みでごめんなさい。
フレンダちゃんの運動量が心配です。
ドーベルマンは大型犬の中でも相当の運動量を必要とするのはご存じだと思います。
朝晩の運動は、普通のお散歩では、やはり満足できないでしょう。
多分、もっと遊びたい運動したいと言っている気がします。
それを閉じ込めてしまっては逆効果だと思います。
もっとストレスを発散してあげると、良い子になると思いますがいかがでしょう。
トレーナーさんとご相談になって、運動メニューを変えて見たらいかがかとコメントしてみました。
よけいなことだったらごめんなさい。
閉じ込められてる彼女を可哀そうだと思いました。
管理人
2013年05月08日 20:04
ルナさん>ご心配ありがとうございます。閉じ込めていると言っても、人が見ていないときだけで、ケージに入れると、いつもすぐに寝てしまいますね。人間は狭い処に入れられてかわいそうな気がしますが、本人は落ち着くみたいです。うちは主人が家で仕事をしていて、主人の仕事場にフレンダのケージがあるので、一日中、主人と過ごしてます。しかも、ソファに上がったり降りたり、飛び跳ねまくってるか、膝に抱かれてます。超甘えん坊です。運動は朝晩のお散歩1時間ずつと、ときどきドッグランで走りまくらせてます。お散歩といっても、ランニングです。おかげで、走るのが速くなりました。1歳になったらアジリティーを始める予定です。もっと運動させた方がいいのかもしれませんけど、なかなかこれ以上は難しいです。知り合いでドーベルマン二頭とボクサーを飼ってる人に聞いてみたりしましたが、うちより運動は全然少ないみたいだし、やはり噛むのは子供の頃は仕方ないみたいですね。噛むものを与えてるんですけど、食べちゃうから困るんですよね。骨を食べると下痢するし。まあ、1歳になったら急に落ち着くらしいので、あと3ヶ月の戦いです。