結婚・離婚

今日は昼間はホームページリニューアルの打ち合わせでした。

その後、ファミレスで書きものをしようかと思ったんだけど、ファミレスが見当たらなかったので、喫茶店で書きものをしていました。外で書きものをすることが気に入っている今日この頃。

そして夜は久しぶりに海外在住の女性の友人に会ってきました。

会うといきなり、離婚することになったとのこと。

結婚20年、大きなお子さんと小さなお子さんが二人いるご夫婦です。

最近、知り合いでは奥さんが問題を起こして離婚というパターンが多かったんですが、こちらはオーソドックス?に旦那さんが問題を起こしての離婚とのこと。ちょっとオーソドックスではないのは、奥さんの方が一家の大黒柱だったということ。

ご夫婦は二人とも日本人ですが、海外在住のため、在住先の国の法律と日本の法律の両方をうまく使って離婚しなきゃいけないらしく、聞いているとめっちゃくちゃ手続きが大変そうでした。

この友人は私と似たような仕事をしていた人なので、つまり、法律関係なども調べまくってきっちりやるタイプですから、びびしばしやっているようです。

当たり前かもしれないけど、奥さんが働いてても財産の半分を旦那さんに持っていかれるんですね。

そして旦那さんに問題があっても、証拠がないと、結局は「和解」するしかなく、財産分与は二人が合意するように相談するしかないみたいです。

いやー、大変そう。

離婚は結婚の二倍のエネルギーがかかると聞くけど、その通りだと言っていました。

しかし、20年経っても離婚することってあるんですね。そりゃあるんだろうけど。

結婚ってどういうことなんですかね。

思うに、一夫多妻になって社会が混乱しないように男性に一夫一妻を強制するこいうことと、ファミリーで財産を管理できるようにすること、そして、万が一離婚に至った場合、財産分与をどうするか法律で定めておくための制度なんじゃないかなぁ。

女性も社会的に男性と同じように稼ぐようになると、意味が少し変わるような気がしますね。

子供がいる場合は、ファミリーで財産を管理するためにはこの制度はあった方がいいのかもしれないけど、うーん、よくわからんな。

男女が結婚せずに一緒に生活をして、子供がいて、遺言書とか書いておけばそれで済むような。

ネットでこんなグラフを見つけました。

画像


なるほど、日本では同棲してる人はすごく少ないけど、欧米だと結構いるんですね。フランスはさすがです。

うちは事実婚というか同棲というか、入籍してませんので、日本では珍しいケースですけど、段々増えてくるんじゃないかな。

「好きで一緒にいる」のって、なかなかいいと思うんですけどね。

但し、相続税だけが腹立つんだよなぁ。遺言書を書いてても、籍が入ってないと贈与になるのでめっちゃ取られます。

死ぬ前には入籍しないと、と思ってますが、いつ死ぬかわからんから困るんだな、これが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2014年04月20日 07:01
うちも結婚してもいいかなあと思うタイミングを逃してるうちに子供も出来て、もう結婚しようなんて気はなくなったけど、まあ現在事実上はこうして一緒に住んでるというだけ。結婚の問題は、時間軸と私は思いますけど。5年後10年後に一緒にいたいかどうかを今決めるわけでしょ。
結局、結婚って安定の幻想に乗っかるだけの気もするし。
まあ、一度すれば十分だと思います。
管理人
2014年04月21日 21:07
あつこ>中には何回も結婚する人もいるよね。離婚を経験しても、また結婚しようとするのって、すごいよねぇ。