史上最年少で上場を果たしたリブセンス社長の自己実現方法

この間、リブセンスの社長の本を読みました。


リブセンス〈生きる意味〉
日経BP社
上阪徹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リブセンス〈生きる意味〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



史上最年少の25歳で東証マザーズへの上場を果たしたリブセンスの村上社長について書かれた本です。

この中に、以下のような一節がありました。

-------------------------

だが、この上場時、村上は驚くほど冷静だった。

「そうですね。喜びを爆発させたという感じではなかったかもしれません。もちろんうれしかったですよ。でも、私の”妄想”の中では、すでに上場をしてしまっていたんです」

村上はこの日をすでにイメージしていた。そのために、ITベンチャーのクックパッドが2009年にマザーズに上場した際、佐野陽光社長が上場記念に東京証券取引所で鐘をつくシーンを見に行き、イメージトレーニングしていたのだ。

「想像するということをものすごく大事にしています。想像したことが現実になると思っているからです」

自分でイメージを作り、イメージを自分の中に植え付ける。それが潜在意識の中から自分を動かすのだという。

村上には年末の恒例行事がある。次の年にどんなことをしたいのかを想像し、それに合うビジュアルを探し出して、パソコン上でイメージマップを作るのだ。

「こんなふうにしていたいとか、こんな会社でありたいとか、こういう事業をしていたい、とか。それらはすべて、ぼんやりとした思いなんですが、それを象徴するような写真や絵を探してきて、それらを一覧に並べる」

目標となる”数字”を決め、それに向かって努力する人もいる。だが、村上はそういうタイプとは少し違う。

「私はイメージが好きなんです。これまでも、イメージし続けたら、それが実現してきました」

難しいことではない。例えば、リブセンスのサイトがCMを打っているところをイメージする。こんな合弁会社が出来ているといいな、と考えてみる。あるいは、オフィスの雰囲気がどんなふうになっているのかを想像してみる。

-------------------------------

またひとつ事例が増えました。

私もいつもやっていることです。

私の場合、イメージに合う写真を壁に貼ることもあるし、朝起きたとき、まだぼーっとしている間に頭の中で妄想を繰り広げることはほぼ毎日だし、手帳に言葉で書き連ねることもあるし、数字にすることもあるし、スケッチブックにイラストを描いていることもあります。

成功者の自伝などを読むと、同じようなことをしているという記載を目にすることがすごく多いんですよね。成功者でこういうことをしていない人はいないんじゃないかっていうくらい。

ただ、これは成功者じゃなくても当てはまります。

自分はダメだとか、こんなことになっちゃったらどうしよう、などと、悪いことをイメージしまくっている人はそれが実現してますからね。普通、そう言う人は本を出すことはないので、そう言うことが自伝に載っているのに当たることがないだけで。

まあしかし、この人にしろ、この人の本で紹介されていたので今読んでいるサイバーエージェントの社長にしろ、最初から思い描くイメージのスケールが大きいんですよ。

「こうなりたい」

と思うスケールによって、その人のスケールが決まって行くんですよね。

ある経営者に、「年商5000万くらいはいけるよ」と言われ、私は「たった、そんだけ?」と思いました。

別の経営者は、まだ社員4人で、ワンルームがオフィスなんだけど、「年商200億にして上場する」と言っていました。

私は、経営コンサルの人に年商10億にしたいと言ったら、何故だ、どうしてそんなに欲しいのか、と詰め寄られました。

なんでそんなことを詰め寄られる必要があるわけ?

そんなもん、人それぞれでしょ。あんたの価値観で判断される筋合いはない。

その人のイメージがその人のスケールを作るし、その人のスケールがその人の夢を決めるわけでしょ?

いいとか悪いとかいうもんじゃない。

私は年商5000万はしょぼいと感じるし、200億は自分には無理、と思うので、10億くらいが自分でイメージ出来るちょうどいい目標なんですよね。

それでいいじゃん。

妄想もイメージも、無理にやってもしっくりきませんから、自分が望むものをイメージし続けることで実現するわけですからね。

てなことで、またイメージによって思考が現実化する実例が増えたということで、さらにがんがん妄想を続けます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2014年07月16日 07:42
エイブラハムも、願ってることがかなうときは、当たり前のことが起こるべくして起こってるように感じるものだといってるよね。
年商の額は、自分が想像したり目標とするのに無理のない数字と言うことなので、五千万の人もいれば二百億の人もいるんだよ、それは。今までの環境とか生い立ちとかで左右されるんだろうね。でも徐々に増えていく人もいれば、徐々に減っていく人もいるんじゃない?
この自分のビジョンにあったイメージ写真集めるのっていいね。やってみようかな。
管理人
2014年07月17日 22:35
あつこ>その通りだよね。イメージ写真集めはいいですよ。私もデスクの横の壁に写真貼ってます。