ジレンマ

今日はお客様、3名様でした。

3名は楽勝、4名で丸1日おしごと、5名は死にそう…と言う感じです。

なのに、今度の土曜日、6名入ってしまいました。しかも翌日の日曜は5名です。

死にそうじゃなくて、死ぬかもしれません・・・。10時から22時までノンストップです・・・。

といっても、施術自体はお一人1時間ちょいなので、合計7時間くらいですけどね。あとは前後のお話とか、写真撮影とか、準備や片付け、洗濯など・・・。先週の土曜日と違ってバイトさんがいるので、裏方仕事は任せられますしね。

でも、施術のみで7時間って、手の筋肉にとってはかなりの激務です。

そんなに入れるなよ~~と思うんだけど、頼まれると断れないワタシ。

腱鞘炎気味の手が心配なので、バイトの人たちに施術の最後のマッサージをやってもらうべく、明日トレーニングすることにしました。お顔のリフティングは本店の試験をパスしないといけないんですけど、最後のマッサージはそもそもサービスなので、いいんです。かつ、簡単ですから、ちょっと教えて、デビューしてもらう予定です。以前にも教えたことがあるので、初めてというわけでもないですし。これだけでも腱鞘炎には随分と救いになりますからね。バイトさんたちに感謝です。

そんなこんなで、週休1日で、営業日の平日は3~4名ずつ、土日は5~6名という感じでご予約が入っていて、それ以外のことが出来る時間が合間に1~2時間という感じなので、まとまった頭脳労働が出来ません。

空き時間には顧客管理簿や帳簿をアップデートしたりするくらいで、本来やるべき、長期計画や、長期計画に必要なタスクをすることが全くといっていいほど出来ていないのです。

長期計画が出来ていないから長期的タスクが洗いだされていない。

目先のことに追われて長期的計画を立てられていない。

あー、ジレンマ。

タスク管理の4クアドラントがあるじゃないですか。

十文字を書いて、上下が急ぐかどうか、左右が重要かどうかの軸とし、右上の急ぐもので重要なものを先に片付けたら、次は急ぐけと重要じゃないものではなく、急がないけど重要なものに時間を割かなきゃいけないというものです。

私はこのタスク管理方法が最も大事だと思ってるんだけど、これをやるためにには急がないけど重要なことが洗いだされている必要があるんですよ。

そのためには長期的な計画があり、それを達成するためにしなきゃいけないことが洗いだされてなきゃいけないわけです。

私で言うと、いつ2店舗目を開くか、どこに開くか、その人材をどう調達するか、その資金をどう調達するか、人と組んでやるなら、どんな契約形態にするか・・・・それらを達成するために今何をすべきか・・・といった話です。

こういうことって、計画を立てるという作業を通じて頭の中でクリアになってくるんですよね。今も漠然とはあるけれど、きちんと分析・検討しないと、固まってこないので、やはりちゃんと計画を立てるというステップを踏み、その上でいつまでに何をするかを決めなければ前に進みません。

あー、毎日施術ばかりしているわけにはいかない。

でもご予約いただいたときは、心をこめて、その方を最も美しく出来るように祈りまで込めながら施術しています。

空き時間をもっと効率的に使うことが重要だなぁ・・・・。

あと、もしかしたら、寝すぎかもしれないです。

肉体労働で疲れることを言い訳に、最近、めっちゃ寝てるかも。

ちょっと考えないとね。

断捨離の続きです。土日はお休みすることにしました。

画像

この記事へのコメント

あつこ
2014年12月10日 08:34
その十字のチャート、私も偶然今日見てました。本当に2週間に一回とか、きちんとこのチャートを書き換える習慣にしないといけないですね。
断捨離、左上のシルバーの、硬そうな枕みたいなものが気になる。
管理人
2014年12月11日 01:43
あつこ>そうね、会社員の頃は毎週月曜日に翌週への繰り越しをしてました。またその習慣を取り戻さないと。左上の硬そうな枕って、もしかして、シャークスチームモップで汚れた専用雑巾のこと?