ドタキャン

今日は、Dr.ストレッチをドタキャンしてしまいました。

12時20分から13時20分まで予約していて、その後、14時から、長い間お付き合いのあるヒプノのクライアント様からのご依頼でヒプノのセッションをするお約束をしていて、その後、16時から、ご予約いっぱいのために年内にご予約が入り切らなかったエステのお客様のご予約が入っていて、その後、中目黒で飲み会の約束だったんです。

朝起きて、すっぴんのまま11時くらいからサロンに行って、経理処理をし、その後、メイクをしようと思ったら、なんと、メイク道具を家に忘れてきていたのでした。

サロンにあるものでメイクしたんですけど、ファンデーションがなかったりして、かなり超イマイチな出来で、これではとても飲み会に行けそうにはないという状態でした。

結局、Dr.ストレッチを諦めて、家にメイク道具を取りに戻るしかない・・・という結論に至りました。

しかし、予約を受け付ける客商売を始めた私には、ドタキャンがどんなに相手に迷惑をかけることか、よーくわかっています。直前のキャンセルですから、その時間、そのスタッフは空いてしまうし、ベッドも空くし、売上は取り損ねるし、最悪です。

私は勿論、次回、行ったときに、この日の分は支払うつもりですよ。

だって、私のミスでこんなことになったそのつけを、そのお店に負わせるわけにはいきませんから。

まあ、そう申し出ても断られたら、それはそのお店が私のことを将来的に大事なお客だと思ってくれていて、将来的な売り上げや、紹介から得られる利益と比較して、一回くらいのキャンセルは水に流してくれるということでしょうから、お言葉に甘えるとは思いますが。

うちのお店でも、ドタキャンされることはあります。

そりゃ、お客様それぞれにいろいろとご事情はあるでしょうから、仕方ありません。

その分のお金を払います、と言ってくださる方もいらっしゃいます。

それはお断りしています。

これからも気持ちよく来ていただきたいですからね。

でも、これが続くと困ったことになります。

このところ、毎週通っているマッサージのお姉さんと話していたら、そう言う人は決まっていると言っていました。一部の人だと。

そうなのかもしれませんね。

忙しい人なのかもしれないし、ドタキャンを気にしていない人かもしれません。

逆の立場になってよくわかりました。

ドタキャンはいけませんね・・・。

ドタキャンはキャンセル料100%というのが筋だと思います。

まあしかし、サービス業なので、長期的利益に対する必要経費としてお店がのんでくれてるんでしょう。

お客の立場のときは、そこのところを理解して、誠実なお客でありたいものです。

この記事へのコメント

あつこ
2014年12月31日 09:11
私もアロマセラピー業のときは、24時間以内のキャンセルはキャンセル料いただきますと決めてたよ。額は値段の30パーセントくらい。でも実際には、「今回は結構ですが、次回からはいただきますよ。」となったことが数回あったくらい。実際にお金はもらわなくても、そういう仕組みにしたほうが、キャンセルは減るよね。
管理人
2014年12月31日 15:10
あつこ>そうだねぇ。でもうちはフランチャイズなので勝手なことは出来ないのよね。調べてみようかなとも思うけど、多分、キャンセル料規定は出来ないだろうなぁ。