悟りへの一歩

あつこに紹介してもらったエックハルト・トールさんの「さとりをひらくと人生は楽になる」を読み切りました。

ベッドの枕元に置いてあって、毎晩少しずつ読んでいたのです。

この方の言っていることは、自分の肉体の中に本当の自分がいて、頭でごちゃごちゃ考えている思考はエゴであり、思考を止め、「いま、ここに在る」ことに集中した状態が本来の自分で、世の中のエネルギーとつながっていて、そういう状態に身を置くようになり、自分が置かれている状態を受け入れられるようになると、人生に起こっている問題がすらすらと片付いて、生きやすくなるというようなことです。過去や未来は幻想だとのこと。

でも、そういう悟りの状態に在りながらも、物理的に人間として生きているので、将来の計画を立てて実現したりとか、目の前に迫っている危険を回避したりすることは両立できるんですって。

それでまあ、以前、幽体離脱をしようとしていたことと同じようなものなんですけど、悟りを開き、宇宙エネルギーの一部なんだ!というすんごい経験をしてみたいと思い、「いま、ここに在る」意識に集中し、思考を止めてみたりして練習しているのです。

そんなことをし始めて最初の頃に、喜びや幸福感に満たされる感じの、「もしかして、これか?」という感じを一瞬味わったことがあるのですが、長続きせず、今に至っています。

私の場合、望む未来をイメージし、それを実現してきているので、そういうやり方と、エックハルト・トールさんの言っていることがどういうふうに噛みあうのかにとても興味があるんですよね。

どこかに書いてないかな・・・と思いながら、最後まで読んだのですが、書いてなーい!

書いてあるのは、ネガティブな思い込みに押しつぶされている人がどうやればそこから抜け出せるかばかりで、私みたいにポジティブがコリ固まっているような人はあまりいないからなのか、処方箋が全くありませんでした。

がっくり・・・。

そんなとき、枕元に置いてある稲盛さんの本を見つけたんです。買ってから読もうと思って枕元に積んだままでまだ手が出ていなかった「成功の要諦」という本です。

もしかして、ここに答があるのか?

と思って手に取ってしまったのが最後・・・そこから何時間も読みふけってしまいました・・・。

稲盛さんって、すごくスピリチュアルなんですよ。

強く思ったことは実現するとか、私が常々言っているようなことをたくさんの本に書かれています。

そして、この本に書かれていたことは、運命は決まっているけれど、善い行いをするか、悪い行いをするかで、その運命は変化するということ。

そして、世の中にはいろんな人達がいないと成り立たないので、社会を率いるような人から、病気で苦しむ人までいろんな人がいる。それぞれ役割があって生まれてきているのだから、その役割を全うするような生き方をしなければならない、ということ。

自分が社会的に成功したからって、自分だけがその利益を受けようとしてはいけない。

社会の中で役割を与えられて成功しただけなので、その利益は広く社会に還元しなければいけない、ということ。

経営者としてやっていける才能を授かったものは、従業員のため、お客様のため、そして、余裕があれば、社会のために働かなければならないと。

利己的な意識で働いていたのでは、一時的に成功を収めることは出来ても、長続きしない。

利他的な意識で働いていれば、宇宙が味方し、大成功を収めることが出来るのだと。

なるほど・・・・。

こういう考え方は、詩の世界のようなふわふわしたスピリチュアルではなく、現実的な教えとして、私にはとってもしっくりきます。

自分がいくら稼ぎたいとか、どんな生活がしたいとかいう理由だけで働いていたのでは、たとえそれがかなったとしても長続きせず、最終的には落ちていくんだけれど、世のため、人のためと思って働いていれば、結果的に自分にも利益がもたらされるということです。

そうか・・・・。

まずは従業員とお客さまのため、そしていずれ社会のために。

うちの会社の社是は、会社と従業員とお客様のWIN-WIN-WINなので、これと通じるものはあります。

でもここで、私としては、「会社」ではなく、先に従業員とお客様のために働く意識でいるべきなんですよね。

なんかひとつ吹っ切れたような気がします。

早く社会のために働けるところに至るよう、頑張って精進します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

あつこ
2015年07月12日 06:39
私もトール氏のもう一冊の本注文しました。アメリカからなので、日本に行くまでに届くかな。あと大人買いで、サイババの本2冊と、インドの聖人、サドゥグルの本も買ったので、精神世界にとっぷり浸れそう。
従業員がいると、本当に責任あるよね。
管理人
2015年07月13日 23:55
あつこ>従業員がいるとほんとに責任があるけど、まあ、さらに精を出して頑張るだけですね。

トール氏を紹介してくれてほんとにありがとう。そのうち悟れそうな気がしますよ。稲盛さんもサイババと話したようですよ。サイババが神の化身だと言うので、私は何なのかと聞いたら、あなたも神の化身だと言われた。ではあなたと私と何が違うのかと聞いたら、私は神の化身だと知っているけれど、あなたは気付いていないと言われたんだそうです。要は気付くかどうか、目覚めるかどうかなんだなぁって感じです。