ネットワークビジネス

今日、知人が会いたいと言うので会いに行ってきたら、ネットワークビジネスの話でした。

ネットワークビジネスって知ってますよね?

自分の下に会員を作り、会員が売り上げを上げると自分の取り分が増えるみたいなねずみ講式な仕組みのビジネスです。

世の中で売られている品々には原価と売価がありますよね。

その商品を作るのに100円しかかかっていなくても、流通の過程で1000円になったりします。

昔は卸売業者が何社も絡んで中間マージンを取ったりしていたので、小売価格がとても高くなっていたけれど、最近ではメーカーと消費者との距離が縮まり、中間マージンも昔ほどは高くなくなってるんじゃないですかね。

そうやって商品の売価には中間業者が取っているコストというのがあるのは普通のことなので、別にネットワークビジネスの中間に入っている人たちがマージンを取っていること自体はいいんですよ。

メーカー→卸売業者→卸売業者→小売業者→消費者であっても、

メーカー→ネットワークの人→ネットワークの人→ネットワークの人→消費者であっても、

いい商品を人に勧めて、その対価としてマージンを取るのであれば別にいいんです。

でも、商品はどうでもいいから、人をどんどん巻き込んで、それによって儲けようよ、という発想は私的には最悪です。

そんなことすることによって、世の中に何の貢献をしてるっていうのよ?

今日もね、「この商品はとてもいいから、一緒に売らないか」というようなストーリーならまだよかったんですけど、ネットワークビジネスなんて、商材はどうでもよくて、その仕組みが大事で、すごく儲かるから云々・・・というストーリーだったので、もう、とにかく、早くこの話、終わらないかな・・・・という感じになってしまったわけですよ。

それじゃあ、友達失うよ・・・。

私、稲盛さん信奉者ですからね。

「私心なかりしか」

って、問うわけですよ。

※稲盛さんが京セラのあとKDDIを作ろうとしたとき、これは自分の名誉欲などではなく、本当に世の中のためと思ってやっているのかと、半年間も自分に問うたという話です。

自分が儲かることが目的・・・な話には全く興味ないです。

与えられた自分の能力を精いっぱい生かして、それによって世の中に何かを作り出し、人を幸せにすることじゃないと、やる意味ないでしょ。

その結果、儲けたいとは思ってますが、その順番は逆になってはいけません。

そのスケールはひとそれぞれ、何でもいいんですよ。

でも、その精神は大事だと思うんだよなぁ・・・。

その知人は38歳。まだまだこれからです。

せっかくの人生、そういう発想で大事な40代に入るのははどうなのよ・・・と説教したくもなりましたが、でもね、人生は人それぞれ。金儲け目当てでネットワークビジネスで成功して幸せな人もいるでしょう。

人の価値観にとやかく言う立場ではないので、そこは、「がんばってね」でお別れしました。

でもねぇ・・・もったいないなぁ・・・。

どんな人生になっちゃうんだろうなぁ・・・・心配です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2015年09月11日 06:29
そういえば昔Amwayってあったけど、あれも商品がよかったよね。値段は高かったけど。
私が銀行やめたとき、どうやって今後生活していくかについて考えていたとき、いろいろ儲けるアイデアはでてきたけど、「いかんいかん、儲けるためだけに働くのなら、銀行にいるのと同じや。」と思いました。
でも確かに、お金を儲けるということは、ゲーム的な楽しさもあるから、その人の価値観によっては、とにかく儲かればいいって言う人もいるだろうね。
管理人
2015年09月11日 18:50
あつこ>今もAmwayあるよ。私も学生のときちょっとやってたけど、商品が良かったからなんだよね。あの頃買ったお鍋、まだ使ってるもん。30年も!

とにかく儲かればいいって言う人、結構いるんじゃないかな。儲かる仕事をして、仕事以外に生きがいを求めてるのかな?私は仕事を生きがいにしたいから、納得のいくことじゃないと仕事にしたくないんだけどね。