価値観は周囲の環境で変わるみたい

今日は大学院の同窓会に行ってきました。

大学院で一緒だった人たちは公務員とか準公務員の人が多いんですよ。

そういうところから派遣されて来てた人たちが多い大学院だったので。

で、今日、久しぶりに会いまして、みんなに何故、外資系金融のような待遇のいいところをやめて、リスクのある起業なんかするんだとすごく不思議そうに言われました。

彼らはもう60才近くで、子会社や天下り先に行ってたりします。

最初から同じところで一生働くのが当たり前のところにずっといて、その価値観に何の疑問もないようです。

私は33才で外資系金融機関に転職したので、一生、同じ会社で働き続けている人なんて周りに一人もいないし、若くして会社を辞めて独立開業する人がかっこいい的な環境でしたから、当然そっちの方がいいんだと思うようになったわけです。

30代の頃は45才で独立しようと思ってましたが、その頃、結構、仕事が乗りに乗っていたので辞められず、結局49才で脱サラすることになりました。

私的には、いまだに一つの会社でずっと働き続け、最後は子会社に行ったり、天下ったりし、最後に仕事はなくなり、年金生活をして一生を終える・・・なんていう人生はまっぴら、とすら思ってますが、そういう環境で生きてきた人にとっては、私の人生の方がまっぴらなわけです。

ほんと、価値観って周囲から植え付けられてるものなんでしょうね。

でも、一方で、私のホロスコープには、ジュノーという小惑星を入れると、グランドクロスがあるんですよ。

MCとASCとジュノーと土星のグランドクロスです。

そしてアセンダントに天王星がコンジャンクションしてるんです。

西洋占星術を知らない方には全くちんぷんかんぷんでしょうけど、こういうホロスコープを持っている私は、そもそも一生同じ会社で勤め上げて終えるみたいなことは不可能なんです。自分からハードな環境に身を投げ出さざるを得ない人生なんですね。そして、その自覚がないそうです。人からみたらすごく波乱万丈なんだけど、自分的にはそれが普通と思っている。

確かに、私はこういう人生が普通だと思っていて、一生同じ会社で勤め上げる人生なんてほんとにつまらない、と思い込んでます。

でもおそらく、世の中的には私の方がよっぽどおかしいんでしょうね。

私は木星や水星にまったく傷がなく、とても強い運勢の持ち主なんだと思ってましたが、月はハードアスペクトでボロボロだったり、グランドクロスがあったりするんですよ。

人のホロスコープを見ていると、まんなかにグランドトラインがどーんとあって、ハードアスペクトなんてほとんどないような平和な方もいらっしゃりまして、ああ、こういう平和な人生もあるんだ・・・と感心したりしてね。

ま、人生いろいろってことですね。

良くも悪くも、それが自分の人生ですから、受け入れて、楽しむだけですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2016年01月31日 02:50
環境によって人の価値観ってぜんぜん違うよね。そういう人達は、それで満足してるって言うのが、やっぱり価値観の違いを感じる。
あくあさんはお父さんが商売してたからかなとも思うけど、だからこそ自分は商売はしたくないって言う人もいるだろうしね。
管理人
2016年02月08日 00:25
あつこ>ほんと価値観は人によるよね。この年になるとどちらがいいとか悪いとかは思わなくなり、いろんな価値観があるんだなぁ、いろんな人がいるんだなぁ、と認められるようになりましたね。
おふじ
2016年02月08日 08:43
あくあさんはずっと攻めの姿勢のままで居て欲しいですね。中学校の時いつも聡明で落ち着いていた姿が未だに忘れられず、ブラスバンドに生徒会と様々な分野で活躍されていたあの感じがずっと続いているって凄いことやね。コメント久しぶりでゴメンね
管理人
2016年02月10日 00:36
おふじさん>お久しぶりです!中学のときもそうだったのかな。自分としては社会人になってから変わった気がしてますが。ま、私はこれが地なので、治らないでしょう。死ぬまで攻めてるかな(笑)