目標を達成する方法

今日、スタッフの四半期の評価ミーティングをしました。

そのときにね、目標を達成するためのタスク管理の方法について話したんですよ。

なんでかというと、エステティシャンのような職種って、毎日毎日同じことを繰り返すルーティンワークがメインになっちゃうじゃないですか。

それを一生繰り返す、という選択もあるのですが、今日、評価をしていたスタッフは、そういう毎日に飽きてうちのサロンに来てくれた人で、ポテンシャル十分なので、鍛えて大きく伸ばしたいと思っているわけです。

で、ルーティン以外の仕事を与えてるんですね。

でも、仕事が大きく漠然としていると、何から手をつけたらいいのかわからなくなるんだそうです。

なるほど。

ということで、プロジェクトマネジメントとタスク管理について話したんですね。

目標を達成するためには、まず目標を小さな単位にブレイクダウンすることが大切なんです。

小さな単位に分解し、それぞれに締め切り日を設けます。

その際、各単位に分けられたタスクが、こっちが終わってないとこっちが出来ない、といった依存関係に注意しながら締め切り日を設けます。

また、人が関わるときは、相手の都合なども前もって確認します。そうしないと思った通りのスケジュールでことが進まなくなっちゃいますからね。

また、人に頼んだものは、締め切りまでに勝手に出てくると信じず、途中で何度もフォローを入れます。

人のせいでプロジェクトが失敗しても、失敗は失敗。

成功させたければ、人は信じず、確実に結果を得られたと確信出来るまで、ちゃんとフォローしなければいけません。

そして、タスクを細かく細かく切っていきます。

最後は、最低でも週にする単位までね。

出来れば一日単位まで。

ワタミの渡辺さんは時間単位まで切ると書いてましたよ。

彼の本に書いていた例は、確か、「子供といい関係を保つ」とかいう長期目標をブレイクダウンし、「週に1時間、宿題をみてやる」というタスクを作り、何曜日の何時から何時まで宿題を見てやる、というアポイントを作り、カレンダーに書き込むんです。

そのくらい細かく区切って、それをひとつひとつやっていくと、その結果、「子供といい関係を保つ」という大きな目標が達成するわけですね。

で、タスクがいっぱい出てくると、今度はプライオリティを決めなきゃいけないという問題が出てきます。

一日、一週間にすべきことがたくさん出てきちゃうんですよね。

そのときは、4クアドラントのプライオリティ付け方法を使います。

何度も書いたことがありますが、紙に十文字を書くでしょ。

上が重要、下が重要じゃない、

右が急ぐ、左は急がない、

そういう軸で分けて、

重要で急ぐもの、重要だけど急がないもの、

重要じゃないけど急ぐもの、重要じゃなくて急がないもの

に分けるんです。

で、人間は、ほっといても重要で急ぐものはやるわけです。

だからこれはあまり心配しなくていいんです。

でも、人間は、ほっとくと、重要で急がないものより、重要じゃないのに急ぐものをやりがちなんですね。

ここが人生の分かれ目です。

ここで重要で急がないものこそ、タスク分解し、手帳に、週単位、日単位、あるいは時間単位のタスクに落とし込んで書き入れ、そのタスクをこなすことで、重要で急がないことを確実に達成していく、

それが出来るようになると、人生はぐんと発展し始めるんですよ。

例えば・・・・

英語の勉強とか・・・

いつかやろうと思って、なかなか手がつかず、何年たっても出来ないままにいることってあるじゃないですか、

そういうことを実現するわけですよ。

それを積み重ねていくと、人生は思い通りに行くわけです。


人間は、

「英語を勉強する」

と思っていても、いつまでたっても出来ないけど、

5月3日の午後7時~7時半まで、英単語を10個覚えるとカレンダーに入っていたら、出来るわけです。



ということを、30分くらいで説明したんですね。

納得はしてくれましたけど、いざやってみないと出来るかどうかわからないので、今度、やってみたノートを見てアドバイスすることにしました。

ま、私も何十年もかけてここに至ってますからね~。

そんな簡単にできないかもしれません。


昨日、プライオリティ付の話を書いたからか、「ちまちましたことをやってますね」と言われました。

あのね、仕事って、どんな大きなことでも、タスクに分解するとすべて「ちまちましたこと」なんですよ。

それをちゃんと積み重ねた上に、大きなことが実現するわけです。

重要じゃなくて急がないことも「ちまちま」してますが、そんなことはプライオリティを付ける必要もないわけです。

私が昨日、ブログ上でプライオリティ付けをしていた「ちまちましたこと」は、すべて、大きなプランを達成するためにブレイクダウンされた週単位くらいのタスクなんですよね。

方向性は見失ってはいけませんよ。

常に、最終ゴールが何かを意識し、そのために必要なことを計画的にやっていかないとだめです。

私の場合は、60才頃にこうなっている、というゴールがありまして、それに向けて必要なことをやってます。

ま、今のところ、順調ですね。

楽しいですしね。

毎日毎日同じことを繰り返してて、前に進めなくて落ち込んでる人たちに、この方法を試してみて欲しいものです。


あ、そうだ、今日、ひとつかなり重要なことがありました。

いつもの勇気と思い切りで、突破しましたよ。

もうちょっとしたら発表しまーす。

この記事へのコメント