仕事の4クアドラント

金持ち父さんの本に仕事の4クアドラントの話がありましたよね。

そこでは仕事は4種類に分けられます。

それぞれ、

E : Employee 労働者

S : Self Employee 自営業者

B : Business Owner ビジネスオーナー

I : Investor 投資家

です。


労働者は雇われて働く人。

自営業者は医者、弁護士、税理士などを含む、自営業者。自分がお店に出ている小さなお店のオーナーさんなんかもここに入ります。

ビジネスオーナーは、ビジネスを所有してるんだけど、自分はいなくても回ってる状態。

投資家は不動産や株に投資して、利益を得ている人。



労働者や自営業者は自分の時間を使わないとお金が得られないけれど、ビジネスオーナーや投資家は自分がいなくてもお金を得ることができます。



この分類を初めて知ったときは衝撃的でした。

40歳くらいだったでしょうか。

これを知って、私はBとIになろうと思ったわけです。


Iだけで生きてる人もいるんですけど、それだとつまんないから、ビジネスを興し、Bにもなる。それが面白いかなと。


でまあ、不動産投資をしてIをやりつつ、エステサロンを始め、まずはSだったんですけど、人が育ち、それがBになってきたところなんですね。

ストレッチ店は最初からBですね。自分ではやらないので。

で、今度は占い+IT系の会社を作ろうとしてますが、今度もBに出来るかな?場合によったら、こちらはなかなか抜けられないかもしれませんが、ま、たぶん、すごく好きな仕事だと思うので、それはそれでいいか。


いろんなことをやるなぁ・・・と思われているかもしれませんが、

これに沿ってるんです。

この記事へのコメント