やりたいことはやっておく

例えば、その昔、イタリアを旅行したとき、今度来た時にここに行こうと思ったり、

例えば、その昔、ニュージーランドを旅行したとき、いつかここに住みたいな、と思ったり、

若い頃って、また「いつか」が必ず来るものだと思っていたものですが、

50代となり、「いつか」は意外と来ないかもしれない。

すべて、一期一会である確率が高い。

ということが身に染みてわかってきました。

イタリアとか、ニュージーランドとか、

今後、「行こう」と自分で決意しないと、行かないまま人生は終わってしまうかもしれないからね。



私はこの通り、とってもアクティブな人なので、やりたいこと、行きたいところがいっぱいあります。

でも、実は上様が国内旅行好きで、海外に行きたがらないため、

ここ10年くらいの間、仕事以外で海外に行くことはありませんでした。



でもね、そんなこと言っていたら、行きたい国に行かないうちに、行けない体になってしまうかもしれません。



もちろん個人差があり、人にもよるけれど、

60代になると、それまでと比べて動きが悪くなる人が多いみたいだし、

アクティブに活動したいことは50代のうちにやっちゃった方がいいかもしれない。

てことはあと10年くらいで、やりたいことのうち、体を激しく使う類のことはやっちゃわないといけない。


なんて思うようになりました。


もちろん、一方では、より長く動ける体を維持するために、

今、真面目に運動をして、

60代になっても、70代になっても、スカイダイビングとか、スキューバダイビングとか、

ランニングとか、セスナの運転とか、バンジージャンプとか、

そういうことがなんでもできるくらいの体力を維持しなきゃいけないとも思っています。

でも、したいことが決まってるなら、先にやっとくに越したことはない。

もちろん後でもう一度やったっていいわけだから。


などという、年よりじみたことを考えるお年頃になりました。


嫌だねぇ・・・。


でも、これはネガティブな話じゃなく、

やりたいことは、先送りせずにやる、

というポジティブな話としてとらえたいと思います。


てなことで、これからますます好きなようにやりますよ~。

この記事へのコメント

あつこ
2016年09月19日 06:30
お言葉身にしみます。私は昔からストリートダンスやりたいなあと思ってたんだけど、本当にそろそろ始めないと、無理になりそう。でも一番障害になっているのは時間がないことだから、本気なら本当に仕事を減らさないと。
管理人
2016年09月23日 00:49
あつこ>本気なら、仕事を減らしてでもやらないと!出来なくなってからでは遅いよ!