すべては自分の問題だということ

占いをやるようになって一番良かったと思うことは、

人の考え方や価値観、運命、運勢・・・のようなものを

客観的に捉えることができるようになったことです。


自分のホロスコープも、他人のホロスコープも、

それぞれ一つのホロスコープじゃないですか。

自分だけが特別ではない。

それぞれにいい面もあれば悪い面もあります。



要するに人間って、そんなもんであり、

自分はその中の一人なんだって分かったというか。

心の底から理解できたというか。



この間、ある人と話してたんですね。

その人はとても有能な人で、客観的には非常に成功している人なんだけど、

有能なだけに、周りの無能な人に腹が立って仕方がないみたいなんです。

周りの人が無能で、みんなが自分の能力に依存しようとしてくると。

結局、自分があれもこれもやっちゃうことになると。

それでいつもいつも忙しいと。



私はその人ほど有能でもないし、成功もしていないので、

比較するのはおこがましいのですが、

でも若いころは、そんなふうに思ってしまってたこともありましたから、

その人の言うことの意味はわかります。



でも、今ともなれば、

すべてはその人の問題なんだよな、

ということがわかります。



その人はすごく才能に恵まれて、環境にも、運にも恵まれて生きているけれど、

世の中にはそうではない人もたくさんいることは所与のものとして認めるしかないし、

その人達に文句を言ってても、その人達は変わらないと諦めるしかないし、

その状況が嫌なのなら、人を変えようとするより、自分が変わるしかなくて、

毎年言い続けてるということは、それがその人が乗り越えなきゃいけない人生のテーマなんだって・・・

気づくしかないんだけどね。


なーんて上から目線でその人に言ったりはしませんよ。

私に気を許してくれてるから、憂さ晴らしに、愚痴ってるだけでしょうからね。


昔から、よく男性の泣き言を聞く立場に立つんですよね。

頼りがいがあるのか?


それと、水星と月がオポだから、いろいろイラつくのは生来の性格かな。

そして、太陽と土星もオポだから、人生で前に進もうとすると後ろから引っ張られる感じなんだろうな。

この前も書きましたが、

有能だから、成功してるからって幸せだとは限らないんですよね。

幸せを感じにくいホロスコープっていうのもあるということなのです・・・。

その人がホロスコープが読めるようになると、

そういう事実に気づくと思うんですけどね。


ま、そんな感じで、ホロスコープを活用しています。


私の場合は、働き過ぎが問題なんですよね。

太陽と水星と木星がコンジャンクションしてて、冥王星・天王星のコンジャンクションとトラインなので、

人生の方向性である太陽を、木星が拡大するわ、冥王星が徹底するわで、

働き過ぎるしかないんだな。

でも、それ自体を苦しいとは感じない。

とても幸せなんです。



しかし、それとは別に、

月が高い位置の火星とオポで、かつDSCの土星とクインカンクスだから、

病気やなんかで苦しむんでしょうね。



ゆっくりのんびりする、とかいう星の配置は全然ないんだよなー。


こうなったら、調子のいいときは働き過ぎを楽しみ、

月や火星や土星が刺激される時期はおとなしくする、

それが星活用ってもんですね。


それがいつなのか知ってますからね。

もちろんそれを元に事業計画立ててます。


本日の仕事っぷりは・・・

お昼に銀行に行って、口座開設手続きしたりとかして・・・

午後はエステの裏の事務所でお仕事。

その後、エステの接客。

その後、片づけて、家に帰って、短時間でご飯作って食べてから、

夜、占いのライブミーティング等3本。

その後、占いの仕事。

現在に至る。

10時間くらいか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2017年12月16日 09:02
確かにそのとおりだね~。エイブラハムも言ってるけど、同じパターンの問題が続くってことは、自分の問題ということだね。そういえば私も、ここ25年ほど回りに酒飲みばかりがいるんだけど、これも私の問題かな。私はほとんど飲まないというのに。
管理人
2017年12月17日 21:41
あつこ>周りに酒飲みばっかり?それが問題?そんな問題、楽しいじゃん?ちゃうか。