ホロスコープの天体と軸との度数差が転機を表す

今日は、うちの占星学スクールのメイン講師の隈本先生のワークショップでした。

初心者向けワークショップなのに、すごいことをお話になりました。

それは、天体の軸との度数差が転機を表すというもの。

貴乃花の例で説明されていたのですが、私も自分のを見てみたら、ほんとに当たってたので、自分のホロスコープで説明しますね。

画像


注意点としては、まず出生時刻がわからないとこの計算は出来ません。

また軸は出生時刻が4分ずれると1度ずれます。
母子手帳の時刻ですら何分もずれていることが多いため、母子手帳レベルの出生時刻だと、数年の誤差を考慮しないといけません。

私のホロスコープは母子手帳のデータをレクティフィケーションという占いの技術により6分のずれを調整したあとのものなので、かなり正確に出ています。

ホロスコープはこちらで作ってくださいね。

http://arijp.com/horoscope/



★まず、重要な天体である太陽(仕事や人生の方向性を表す)は牡牛座の5度にあります。

軸であるMCは双子座の0.93度ですから、軸との度数差は約26度。

私は26歳で就職しています。

キャリアウーマン人生を歩みましたから、この就職は重要な転機でしたよね。

普通なら大学を卒業して23歳くらいで就職するんでしょうが、私の場合は大学院を出てから26歳で就職したので、そこまでぴったりですね。



★火星(病気やケガを表す)が牡羊座の20.6度にあります。
MCは双子座の0.93度ですから、この差は、40.33度。

私は41歳で脳腫瘍になっています。

これも人生の転機でした。


★さらにこの火星、ASCの反対のDSCまでは、46.79度。

二度目の脳腫瘍は48歳のとき。1年ずれてますが。



★月(家庭や女性を表す)は天秤座の17.54度にあり、MCの反対側であるIC(家庭や家を表す)は射手座の0.93度ですから、度数差は43.39度。

若干誤差がありますが、上さまと出会ったのは42歳のとき。

マンションを買って一緒に暮らし始めたのは43歳の頃です。


その他、まだまだありますよ。


★水星(知性や頭脳を表す)は牡牛座の8.6度。MCまで22.33度。

私は22歳のときに大学院に進学しています。



★木星(発展)は牡牛座の3.09度。MCまで27.84度。

私は28歳のときにニューヨークに出向しています。これも大きな人生の転機でした。


★金星(恋愛)は双子座の19.78度。MCまでは18.85度。

ああ・・・18~19歳の頃の大恋愛なぁ。


★ヘッドは蟹座の3.83度。MCまでは32.9度。

33歳で外資系に転職したからなぁ。

あれも大きな転機だった・・・。


★そして、太陽とDSCとの差は61.19度。
62歳くらいから命が危ない・・・と言われているゆえんです。



私の人生の転機としては、「あれ、出てないな?」と思うのは、50歳の頃に脱サラしたときのことくらいですね。



これ、ほんとすごすぎやわ。


ちなみに、隈本先生の西洋占星学初級コース、
通学コースは3/11に始まります。

オンラインコースは2/1に始まってますが、まだ途中参加OK。

ちゃんとした占星学は、ほんと、面白すぎて死にそうです。

なんちゃって占星学に騙されないで!

本物を是非どうぞ。

http://arijp.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント