睡眠障害対策のグリシンが効いてきた!

この間、睡眠薬の代わりにグリシンを飲み始めたことを書きましたので、中間報告です。

な、なんと、ここ数日間、睡眠薬を使ってません!

グリシンを飲んだ一日目はあまり効果を感じなかったんだけど、1週間くらい飲んでたからか、なんか、結果的に効いてきてるのですよ。

マイスリーみたいに、ぱきっと眠れるわけじゃありません。

なんかしらんけど、中途覚醒してトイレに起きても、そのあと、大丈夫かな?と思いながら薬を飲まずに寝てみたら、知らないうちに眠っていて、朝起きた時も、睡眠不足な感じを感じず、一日元気に過ごせているのです。

結果的に、この変化は、グリシンのせいじゃないかと思わざるを得ない、という感じ。

だとしたら、すごいよ!



上さまに言ったら、

「薬じゃなくてサプリなんだから、そんな一日で効くわけないだろ。徐々に効いてきた感じがサプリなんじゃないの?」

と。


なるほど。



でも、私としては何故なのかに興味がありまして、調べていたら、東大の日本語の論文をみつけました。こちらです。

https://goo.gl/EpxLwu


最初、英語の論文を見つけて、これを読むのか・・・と思いながら読んでたのですが、もしかして、と思って、日本語で検索したら出てきました。さすがに化学式を英語で読むのはつらいから、よかった(笑)


要するに、ねずみの実験で、グリシンを口から与えると、深部体温が下がり、よく眠るという実験結果が出ているそうです。


これで私の睡眠障害改善もグリシンのおかげだと言えそうです。



しかし、問題は、摂取量はどのくらいが適当なのか?ということ。


この論文だと、ネズミに与えたのは2g/kgなんですよ。それ、人間に置き換えるとめっちゃ多いです。

私は今のところ、寝る前に、8-9gくらい摂取しています。

コーヒースプーン4杯くらい。

それでイケてる感じですね。



単なるアミノ酸なので、お酒とも併用できますから、睡眠薬と比べると、ほんとに気楽です。


さらに、長寿効果もあるというネット記事もみつけまして、これに関しては、まだ論文などでチェックしていないので確認は取れていませんが、いろんな効果がみつかってきてるものなのかもしれませんね。日本語のwikiにはまだあまり記述がないです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

あつこ
2018年06月27日 05:57
へえ、イギリスで聞いたことはないけど、知ってる人は知ってる情報なのかも。今は必要ないけど、必要になったときには聞くからまた教えてね。
管理人
2018年06月28日 00:57
あつこ>私も調べるまで知らなかったけどねー。もっと医者が薬の前にこういうの勧めればいいのにね。あ、医者はもうからないか。