表札

2018年の暮れに前の彼と別れまして、表札を変えるために発注をしました。

ネットで表札を作ることはできるんだけど、今の表札を外して、新しい表札を付けたいんです。

でも、表札だけをやってくれる業者さんがみつからない。

外構の工事などを同時発注すればやってくれるんだけど、表札だけのために来てもらうのがコストに合わないんでしょう。


仕方なく家を建てた業者さんにお願いして、やってくれる業者さんを紹介してもらいました。



とてもいい業者さんで、まずは下見にいらして、次にカタログを届けてくださり、発注後、つけに来てくれて、たったの1万円ちょいだったかな。

申し訳ないくらいです。


で、今の表札がついたのが2019年の2月の中旬でした。


家を建てた時にステンレスの門扉を設計士さんがオリジナルで作ってまして、その一部として表札がついてたんですね。なので、その上にステンレスの表札を貼り付けるという方法だったのですが、業者さんが次にはごうと思ってもはげないような強い糊?で貼り付けようとしていたので、それだと次にはぐとき大変じゃないですか?と聞いたんです。


そしたら次にはぐのは難しくなるとのこと。


で、この先、名前が変わるかもしれないから、両面テープにしといてください、とお願いし、私の家にあった外構用の両面テープでとめてもらったんです。一応、外構用なので、雨程度では簡単には外れませんとのことで。


あれから1年。ほんとに名前が変わることになりました。


そして同じ業者さんに、名前が変わることになったので、表札の付け替えをお願いしますと連絡しました。


業者さん、受けてるやろな。



私が一年という短期間で、新たな人との結婚にこぎつけたのは、一重にうちの占い会社の専任講師の隈本先生のおかげですが、私の友人も同様に、離婚して、一年以内に結婚するぞと心に決め、隈本先生のおっしゃる通りにしていたら、ちょうど一年後に次の人と結婚することになったんですよ。


それ以外に、隈本先生に救われた知り合い続出。


ほんと、九星気学と隈本先生は半端ないです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

あつこ
2020年01月29日 08:52
どんな彼なのか、全然紹介がないので、楽しみにしてます。
でも結婚したら、やっぱり苗字変えるの?というか、日本はまだ別姓はできないんだよね。なんかあくあさんのあの立派な苗字が変わるかとおもうと不思議な感じです。
あくあ
2020年02月01日 01:28
>あつこさん

そうねえ、法的に苗字は変わるけど、実用的にどうするのかはいまいち決めてないです。仕事では旧姓で・・・でもいいんだけど、実は旧姓はあまり好きではないので、変えてもいいんだけど。レストランの予約とか絶対認識してもらえないから超不便だし。