「困っている人」

困ってるひと
ポプラ社
大野 更紗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 困ってるひと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この本、面白すぎです。超お勧め。

実話なんですよ。20代の女性が、突然原因不明の症状に悩まされ、病院を転々とし、やっと病名が分かるものの、どんどんと症状は悪化し、ほんとにひどい状況に陥る中で経験したあれやこれやを、ものすごく面白いトーンで書いてるんです。

内容は結構深刻なんです。

でも、文章がうまいんだな。面白いんですよ。

そして、早く次を読みたくてたまらなくなります。

実話なのに小説のように波乱万丈で・・・。

それと、この人ほどじゃないですが、私も大病をしているので、大病をした人が感じることを思いっきり書ききってくれています。

「そうそう、そうなんだよね」

とうなずきながら読んじゃいました。

と、そんなことを書いていると、後ろでNHKの番組で、子供の頃に心臓移植を受け、最後は延命治療をしないことを選択して18歳にして亡くなった少女のドキュメンタリーをやっていました。

NHKの脚色もあるかもしれませんけど、この人はあまりにも聖人君子っていうかなんていうか。神様が病気を与えてくれたからたくさんのいい人と出会えてよかったので神様や病気を恨んではいないというトーンでした。

こういう人ももちろんいらっしゃるんでしょうけど、一般人は命のかかった病気になるとそんなにきれいごとばかり考えてられるわけじゃないと思うんですよね。

なので、私はこの本の作者の方にもっと共感しちゃいます。

しかし、それにしてもこんなに大変な病気の人がいるんだなぁ・・・。この方も、日本の社会福祉制度の問題をかなりつっついてますが、ほんと、何とかならないものですかね?

"「困っている人」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント