ホームネットワークのまとめ

自分の記録のためと、興味のある方のために、うちのホームネットワークの全貌を記録しておきます。

●サーバ IO DATA LAN DISK AV (HVL1-G1.5T)・・・ルータから引いたLANのスイッチングハブに接続

●リビング: レグザ55ZX9000・・・LANのスイッチングハブに接続、電話線に接続

●レグザのUSB接続HDD バッファロー(HD-CL1.0TU2)・・・レグザにUSB接続

●スカパーHDのチューナー・・・アンテナはベランダのスカパー専用アンテナから接続。LANのスイッチングハブに接続、電話線に接続。

●プレイステーション3・・・レグザにHDMI接続、LANのスイッチングハブに接続

●東芝DVDレコーダー(RD-S1004K)・・・レグザにHDMI接続、LANのスイッチングハブに接続、電話線に接続

●パナソニックBDレコーダー(BMW-BW870-K)・・・レグザにHDMI接続、LANのスイッチングハブに接続、電話線に接続、RD-S1004Kからダビングするときは、iLINKケーブルで接続

●寝室: IO DATAネットワークメディアプレーヤー(AV-LS500LE)・・・寝室のLANポートに接続、寝室の6年前のアクオスに三色ケーブルで接続

尚、リビングの壁に来ているアンテナはアナログ・VHF/UHFとBS・110度CSの二つに分かれているため、それぞれに3分配器を取り付け、レグザ、東芝のレコーダー、パナソニックのレコーダーの三つに並列で接続しました。画質が落ちるようならブースターの取り付けが必要になります。


これで可能になることは、

①レグザから録画できる機器は、内蔵HDD、USB接続のHDD、東芝のレコーダー、パナソニックのレコーダーの4種類

②レグザに録画した番組はサーバにダビング・ムーブ出来ます。

③サーバにある番組は寝室でも見ることが出来ます。

④レグザの内蔵HDD、USB接続のHDDに録画した番組は東芝のレコーダーにダビング・ムーブ出来ます(パナソニックのには出来ない!)。

⑤東芝のレコーダーにある番組はiLINKによりパナソニックのレコーダーにダビング・ムーブすることが出来、ここでブルーレイディスクに焼くことが出来ます。

⑥東芝のレコーダーには高性能の編集機能がついています。

⑦東芝もパナソニックも、DVDに焼くことは出来ます。

⑧スカパーHDの番組は、サーバや東芝のレコーダーにハイビジョンのまま録画することが出来ます。

⑨レグザ及びIO DATAのネットワークメディアプレーヤーAV-LS500LEはアクトビラに対応しているが、ストリーム放送のみ(その場で見なきゃいけない)。一方、パナソニックのレコーダーはアクトビラのダウンロード機能にまで対応しているので、いったんダウンロードして、見たい時に見られる(レンタルの場合は、見始めてから48時間以内という制限があります)。

それにしても、どれもこれも、帯に短したすきに長し・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック