木内鶴彦 「生き方は星が教えてくれる」

生き方は星空が教えてくれる
サンマーク出版
木内 鶴彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生き方は星空が教えてくれる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

いつもコメントをくださるChrisさんに紹介していただいた本を読みました。

著者は航空自衛隊の職員の方で、毎晩山に登って趣味で彗星探しを続け、新しい彗星をみつけて彗星に自分の名前がついているほどの方です。この方が、病気で死にかけたときの臨死体験が本のメインテーマです。

この方の臨死体験、すごいですよ。

まず、死んでいる自分の肉体とその周りにいる家族の様子が見えたというのは良く聞く光景です。

その後、兄弟に電話をしている親の横に移動し、病院に向かっているお兄さんの運転する車の中に移動したりしたことで、もしかすると過去や未来に移動できるかもしれないと思い、実際に移動してしまったそうなんです。そして何と宇宙が始まるビッグバンまで見に行き、月が出来るところを目撃し・・・とだんだん突拍子もない話になってきます。

彼によると、死んだ後も意識はつながっているけれど、宇宙を埋め尽くす全体的な意識の一部になり、全体的な意識が持っているすべての記憶と知識に瞬時につながってしまうと。だから自分と言う個の意識を保ち続けるのが大変だと。そしてビッグバンまで見てきたというのは、実際には宇宙を埋め尽くす意識が持っている記憶や知識にアクセスしただけだと。

そして、そういう意識の一部でいることはとても退屈なことで、だからこそ、ここで物質的な肉体を持って生きていることはとても重要なことであり、それを継続するためには環境のバランスを出来るだけ長く持つように整えなければならないと悟った・・・ということで、その後、自衛隊は辞めて環境保護の仕事をされていて、後半は環境保護の話になっていしまいます。

話がそこまで飛んでしまうので、逆に臨死体験の信憑性が減ってしまう気がしますが、でも、この話ってアブラハムの話や、左脳がだめになって右脳だけで世の中を見た脳科学者の話とも全く一致してるんですよね。

その他の臨死体験ストーリーも多かれ少なかれこんな感じだし、やっぱ、死んだあとってこういうふうになっちゃってるんだろうな、と私としては信じています。そしてまた生まれ変わったりするんだろうけど、今、ここで認識している自分という「個」は生まれ変わるときには途切れるんじゃないかなと・・・。

彼は、死んだときに一番後悔したのは、精いっぱい自分の能力を生かして生きていなかったことだったそうです。年や制限にとらわれず、せっかくこの世に生まれてきているんだから、生きている間は精いっぱい自分の能力を生かして生きるべきだと。

これも私の生きかた、ポリシーにぴったり一致しますからね。

後半の環境保護の部分はともかくとして、前半は一読の価値ありですね。ちょっと鳥肌立ちましたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しのりん
2011年02月11日 00:16
臨死体験!興味ありますので読んでみます。
私も生きている間は、爪の先の単位まで精一杯、頑張って生きたいと思ってます。ご紹介ありがとうございます!
Chris
2011年02月11日 01:13
今日は仕事が遅くまでかかったので、アクアさんのブログを読むのが遅くなりました。で、開けてびっくり。私の挙げた本を読んでくださっていたんですね。とてもうれしかったです。実はこの方の臨死体験は、立花隆さんの「証言 臨死体験」でもとりあげられていて、そこでは彼が自分で体験した様子を絵でも表現しています。あまりの突拍子もない体験に、信じがたい思いが湧き上がってくるのはいたしかないのですが、どうも嘘を言ってるようには思えないんですよね。どう言ったらいいのかむずかしいんですが。ともかくアクアさんが言われるように、私も自分の生き方、ポリシーに合致するんです。この本にマチュピチュをはじめとする古代文明がなぜあれほど高地にあるかを説明するくだりがあるんですが、私もそこを読んだ時、少し鳥肌が立ちました。
管理人
2011年02月11日 06:32
しのりんさん>面白かったですよ。是非読んでみてください。これは一日ですぐ読めますし。

Chrisさん>立花さんの臨死体験の本は持ってるんですが全部読めてませんでした。もう一度読んでみようと思っています。私もこの人ウソを言っているようには思えませんね。死んだ後のことなんて死んでみないと分からないし、死んで無になってしまった人の証言はないから、こういうふうになると思っておいて別に悪いことはない気がしますしね。私も死んだらこの方みたいにあちこちいろんな時代を見に行ってみたいです。ビッグバンも見るぞ。そのためには星座を勉強しておいた方がいいかなと思ってしまいました。
Chris
2011年02月11日 07:45
何でも前向きにとらえるアクアさんのアティチュードに感心させられます。ただ立花さんの本ですが、気をつけてください。「臨死体験 上・下」ではなく、「証言 臨死体験」という本です。前者はやや理論的な部分が多く、また上下に分かれているほど大部なものですが、それに引き替え後者の本は、証言者本人の絵入りで、かなりサクサク読めます。木内さんのみ、証言が2部構成になっています。おそらく1部ではおさめきれない証言のボリュームがあったのでしょう。立花さんのコメントからも、「トンデモもの」として扱ってはいないことが伺われます。
管理人
2011年02月11日 07:52
Chrisさん〉ちょうど今、本棚を探していて、その三冊を見つけたところです。上の途中で放置してあった形跡がありますね。読みたい本がたくさんあるので、いつも複数同時読みしていて、途中で他の本に行ってしまって、もとの本を忘れてしまうことがよくあるんですよ。最近、書評を書いてるので、読み切るようになりましたが。とりあえす、証言から読んでみますね。