電子書籍リーダー ガラパゴスのその後のその後

12月にガラパゴスを買ったものの、一度だけパソコンと同期を取って以降、同期が取れなくなり、ガラパゴスを放置したまま数カ月が過ぎました。

その間、シャープの修理受け付けの人と何度かメールのやり取りをし、私の使っているパソコンやらOSやらいろいろ聞き出されましたが解決策がなく、結局バージョンアップまでお待ちくださいということになりました。

この間、ようやくバージョンアップが行われたので、パソコン上のソフトとガラパゴス本体のファームウェアをアップデートしてみたところ、同期は取れるようになりました。

しかしながら、私がそもそも目的としていた自炊した書籍を読むという機能に関しては、画面の解像度の問題なのか、シャープの意図的な戦略なのか、とにかくPDFの字がかすれて汚くて読めたものではありません。文庫本サイズの本なら縮小されないからまだ読めますが、文庫本は軽いから自炊して持ち歩くインセンティブがあまりないんですよね。自炊したいのはハードカバーの本のように重いものなんだけど、これらはガラパゴスサイズに縮小されてしまうと文字がかすれてダメなんです。ああ、使えない。

ガラパゴスの電子書籍ストアで買った本は素晴らしく読みやすいです。文字の大きさもいろいろ選べるし、しおりをはさんだり、ラインマークを引いたりも出来るし。

雑誌を読む機能も素晴らしいですね。雑誌のページのまま拡大縮小も出来るし、モードを変えると、本のように文字の部分だけを表示して読むことも出来ます。

かつ、端末の重さや形などは結構いい感じです。私の掌にはちょっと大きいので、読んでいるときはいいですが、片手で持ち歩くと落としそうな気がするときがあります。デジカメみたいに手首にかけられる紐がついてたりすると安心なんですけどね。

しかーし!

ガラパゴスの電子書籍ストアは死ぬほど使いにくい!!!

なんか妙なジャンル分けしてるんですよ。

まずはビジネス用の丸の内スクエア、文学用の神田のスクエア、女性に白金のスクエアとか言って・・・。でも、丸の内のスクエアに行っても、1時間で読めちゃう系の軽いビジネス本が並んでたりして、全く丸の内じゃない!!

雑誌を買おうとしたら定期購読のボタンしか出てこないから、別の場所から同じ雑誌を買おうとしてみたりと苦労した揚句、その雑誌は定期購読しか出来ないという表示を見つけたり・・・

ランキング、注目検索キーワード、お勧め特集、話題の特集・・・と余計なものが所狭しと並んでいて、自分の欲しい情報が全くない!

で、結局書籍を検索すると、その本はない。本の品ぞろえは全然ダメですね。並んでいるのを見てても欲しい本がほとんどありません。

アマゾンと何故にここまで違うのか・・・。

もちろん書籍の数が全然違うからというのがあるでしょうけど、アマゾンを見てると次から次へと買いたいものが出てきて、ついついあれもこれも買っちゃいますからね。ほんとうまく出来てると思いますよ。

ま、先は長そうですが、今後に期待ということで。

----------------------------------

運動   朝プール25分、筋トレ、ストレッチ

食事   

午前6時半   オールプラン+フルーツグラノラ+牛乳、コーヒー

午後0時     ランチミーティングのお弁当の中から、チキン数切れ、ブロッコリーとスナップえんどう、卵焼きみたいなの、ひき肉が少し入った丸いかぼちゃのコロッケ。

午後6時     チキンと30品目のサラダ、野菜スープ

---------------------------------
If there is something that you desire and it is not coming to you, it always means the same thing. You are not a vibrational match to your own desire.

あなたが望んでいるのにまだ実現していないことがあるなら、それはいつも同じことを意味しています。あなたがあなた自身の望みに一致した波動を出していないと言うことなのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sokichi
2011年03月10日 07:48
こないだ電気屋さんで触ってきました。操作性は普通かな。でもアクアさんがレポートしてるような事は買って見ないと分かりませんね。あと、店頭ではソニーのリーダーとスキャナーの自炊セットを提案してました。自炊するならソニーにしろってことなんですかね。現時点だと携帯性以外はipadよりも優位性は無いという感じですね。
あつこ
2011年03月10日 08:30
なかなか公平な意見ですね。結構我慢強いんだね。

水泳今朝行ったんだね。体調戻った用でよかった。
管理人
2011年03月10日 09:22
Sokichiさん>今朝は駅でばったりお会いして超びっくりしましたよ~。またあの辺で飲みましょう!で、ガラパゴスですが、やはりこの手のものはしばらく使ってみないと分からないことがいっぱいあるんですよね。携帯性を除けば当然iPadでしょう。これにアマゾンの電子書籍ストアがついてくると言う事ありません。アマゾンのキンドルは今年中に日本に進出するそうですが、そのとき端末とセットだけじゃなく、アマゾンの電子書籍ストアはオープンにいろんな端末に公開して欲しいものです。ソニーは自炊セットを提案ですか。自炊した書籍はソニーので読みやすいのかな?見てみたいです。

あつこ>我慢強いってわけじゃないですけど、必要なのでねぇ。体調は戻りました。ありがとう。
Sokichi
2011年03月10日 10:42
こっちもびっくりしましたよ(笑)ちょっと興味深いネタがあるので近く飲み会企画しますね!
さて、ソニーのですが、展示品に自炊して取り込まれていたのがマンガ本だったのですが、マンガ本は紙質が悪くて、いかにもスキャンしましたよって感じでざらざらしてました。普通の本の見本がなかったので何とも言えませんが、白黒なので滲むような感じはなかったと思います。でも電子ペーパーのせいか全体的に反応が遅くまだまだ改善の余地があると感じました。
Chris
2011年03月10日 13:01
アクアさんがおっしゃるように、ガラパゴスのハードはまずまずとしても、やはりソフトウェアがだめですね。この改善には、メーカーであるシャープと日本の出版界の双方の努力が必要ではないかと思います。私は日常、キンドルを使っているのですが、自分が読みたいと思う本で検索してみて「ない」ことは、ほぼないですね。読んでいても目の疲れもないし、3Gが組み込まれているので、パソコンからではなくキンドルそのものから本の検索やレビューも読めます。さらに携帯のように毎月の費用はない。そして「軽い」(スーツのポケットにも入って違和感なし)。デザインも秀逸(これは私の個人的な見方ですが)。しかし当然ながらこれらの利点も「英語」の本に限られるわけで、日本語の本は皆無です。私が思うに、アメリカでこれほど短期間に本の電子化がすすんだのに、日本でこれほど電子化がすすまないのには、端末をつくるメーカー以外の問題が多いのではないかと。まるで日本の政治状況を見るようです。
管理人
2011年03月10日 20:53
Sokichiさん>興味深いネタですか。それは楽しみです。是非。BBQ企画もしたいなと思ってるんですけどね。ソニーの、誰か持ってる人がいたら試させて欲しいものですね。自炊したページの周りの空白をソフト的に削る機能がついていたと思いますから、自炊を前提として作ってるんでしょうね。これがないとアドビのソフトで削ってからインポートしなきゃいけなくてめんどくさいんですよ。

Chrisさん>私もキンドルの最初のバージョンを持ってますが、スーツのポケットに入るとはもっと最近のものですか?私は最近使ってませんが、以前は読みたい本がキンドルにはないという場面もありました。今は増えてるんでしょうねぇ。日本はどのくらいの速度で進むでしょうねぇ。メジャーな著者の本はまだまだ揃ってないですよね。
Chris
2011年03月10日 22:41
私が持っているキンドルは一応、最新のものです。それでも189米ドルでした。
管理人
2011年03月11日 10:12
Chrisさん>そうですか。ほんと安いですよね。売れてる数が半端じゃないんでしょうね。