洪水のあと・・

本日から仕事復帰です。

昨日の雨は、ご近所には何の影響もなかったようです。隣の築50年のアパートも何もなかったみたい。

どういうことよ・・・。

夕方、建築家の方がいらっしゃり、水が逆流しない装置をつけても良かったんだけど、大丈夫だと思って、つけなかったとのこと。簡単につくからつけますよ、って言ってたそうです。

まじ?

そして、ポンプ。ポンプがつく意味はよくわからないんだけど、見積もりには入ってたのに、ぎりぎりになって入れるのやめたみたいなんですね。見積もりの修正書で抜けてました。

現場監督さんによると、建築家さんがやめようとおっしゃったらしい・・・。

これは、水を抜くためのものなのかな?それとも水が逆流しないようにするのに効果があるのかな?

よくわかりませんけど。

建築家さん、人がいいので、憎めないんですけど、結構、ぽかが多いみたいです。デザインは斬新でいいんですけどねぇ。

とりあえず、明日、朝から業者さんが来て、床下の乾燥と、一階の消毒をしてくださるそうです。

いつもは家にいる上さまが明日に限って午後留守にするので、やむを得ず、私が一時、仕事を抜けて帰宅します。その間も、ミーティングがあるので、家から電話会議で入りますが。

その後、上さまが戻ったら、再び会社に戻ります。

大変ですよ。

その他の被害は、とりあえず、体重計が壊れてましたね。水没したので、電池がびしょぬれで、動きませんでした。買ってそう経ってないのに・・・・。一応、乾かしてみてますが、どうでしょう?

バスタオルはほとんどなくなってました。上さまが使って、捨ててました・・・。やむを得ず、新しいのを注文・・・。

上さまのパソコンと電子ピアノは、水が迫り来る前に上に上げたのでセーフでした。

ほんの5ミリくらいですが、水没した一階の家具や、作りつけ家具、壁や床なんかはどうなんですかね?水没してたのは1時間くらいですが。しかも半地下なので、コンクリート造りですし、床はタイルですから、木造よりはましかとは思いますけど。

床下の状況は見れないので、いかんともしがたいです。床下に這っている全館空調のダクトは大丈夫だろうとのことですが、信用していいものかどうか・・・。

同僚の旦那さんが一級建築士だそうなので、相談することにしました。

休み明けなのに、なんともねぇ・・・。

今週、再び大雨が降るかと思いきや、神様のお助けか、明日から一週間くらいは晴れるようです。

不幸中の幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2013年07月25日 03:36
パソコンとピアノ無事でよかったねえ。ある意味、建ててすぐこういうことになったから、ちゃんと出来ていなかったところがわかったし、今ならすぐに直してくれるだろうし、まあ不幸中の幸いかなあ。築15年とかだと、なかなかスムーズに行かないでしょうから。
うちのときは、誰も補償なんてしてくれませんでしたけど、その草原を購入したオーナーがいろいろ手伝ってはくれましたよ。嫌々そうに。住宅保険でカーペット直しても良かったんだけど、目立たないしそのままになってます。
管理人
2013年07月26日 23:15
あつこ>そうね、不幸中の幸いですね。ちゃんと対応してくれてるし。その草原を買ったオーナーさんも、自分もえらい損害だと思ってるでしょうからねぇ。ま、人生、いろいろありますが、乗り越えられない障害はないよね。