しばらく考え続けているとひらめきがやってきますね

昔、大学院の頃、ちょー難しい経済学の英語の論文が課題として与えられました。

当時の最先端の論文だったため、議論が起きるような内容で、ちょー難しい数式がいっぱい出ていたのですが、そういう課題を与えられると燃えてしまう私は、昼夜を問わず、朝から晩までそのことについて考え続けました。

すると3日くらい経ったときに、ふとひらめいたんですよ。

そしてそのひらめきをまとめて次の授業の時に発表し、教授に感心されたことがありました。

それが成功体験になったような気がしますが、それ以来、どんなに難しい課題が与えられても、3日も考え続ければ解けない問いはない、と思うようになりました。

かなり自信過剰です。

でも、いい自己暗示です。

ちなみに、絶対解けそうもないものの場合は、3日間考え続けるトライをしないので、トライしたものはすべて解けるわけなんですけどね。

で、今回、昨日書いた、就業規則のことについて、朝から晩まで考え続けていました。

合計3日もかかりませんでしたが、朝、歯磨きをしているときに、はっ、とひらめきまして、あっさりと心が決まりました。

スタッフが施術を受けることを野放しにするわけにはいかない、福利厚生にしても高すぎる、やっぱり割引しかないのか・・・・云々という件です。

ひらめいたのは、その全く逆のことでした。

すべて研修にするということです。

施術者は自分も施術を受けることで気付くことは多いと思うんですよ。

また施術者は施術者に施術することで、強すぎるとか、気持ち悪いとか、適切な指摘を受けることが出来るんですよ。

そういう意味で、施術者同士が施術をしあうことは立派な研修になるんです。

プロの施術者になったあとでも、ずっとやっているとやり方が変わっていってしまうものなので、ときどきそうやって調整しておくのはいいことだと思うんですね。

なので、すべて研修扱いにし、義務として相互に施術させ、その結果をレポートしてもらうことにしようと思っています。

結果的に施術者たちはきれいになれるので従業員の満足度は上がるし、施術を受けている実体験でお客様とお話しが出来ますしね。

回数その他の細かいルールは今後詰めるとして、方向性は定まりました。

WIN-WINな感じのソリューションでしょ。

結構、自己満足しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2015年03月30日 06:04
すごい発想の転換!
それに、施術を受けるようになると、簡単にやめられなくなるよね、そっちの方面でも。
管理人
2015年03月30日 20:06
あつこ>確かに。なかなかいいアイディアでしょ。