大きな変化が起きているときは、あまり実感はないままでも、波に乗っていけばいい

28年前、大学4年生で、就職が決まっていたと言うのに、大学院に進もうかどうか迷っていました。心を決めかねているとき、朝寝していたら、内定先から電話がかかってきて、寝ぼけたまま、「やっぱり、辞退します」と言ったが最後、大学院に進む方向に事態が進んで行きました。

このとき、プログレスの月が第一室に入る直前でした。

そしてプログレスの月が一周し、また第一室に入る直前だった昨年、同じような感じで、ほんまかいな、と思いながら、エステサロンの開業に突き進みました。

あと少しでプログレスの月は第一室に入り、いよいよ私の新たな28年が始まります。

いよいよここから盛り上がってくるはずです。

そんな運気の中で、二店舗目を開店するためのもろもろの準備が進んでいます。

こういうときって、心の底から「これだ!」と思っているわけじゃないんですよね。

なんというか、波乗りしてるみたいというか。

波乗りしたことがないので、ほんとにこんな感じなのかわからないのですが。

地に足がついている感じがしないんだけど、波が来るから、乗ってる感じです。

なので、大きな転機が来ているときは、あまり頭で考えずに、扉が開いていく方に、なんとなく進んでいくといいと思いますよ。

扉が次々開いていく、信号がどんどん青になっていく・・・・

そういう方向って、多分、間違ってないんじゃないかと思います。

かなり他力本願ですが、51年生きて来て、こんな感じで乗った時の方が、考えすぎていたときよりうまくいってますね。

今から5月中旬の新月まで、不安になることもあるそうですが、気にせず進んじゃっていいみたいですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あつこ
2015年05月01日 05:33
私は常に波乗りで来てるよ。計画性なし。
管理人
2015年05月01日 15:47
あつこ>私は計画も立てるけど、波に逆らってそうな時はおとなしくして、波が来たら一気にアグレッシブな計画にする感じかな。